AGA服薬1465日 罪を憎んで人を憎まず?世界最強発毛薬違法販売事件

toyamano_kinsan.png


予想は、当たるほうでしょうか?

予想が当たるというと、競馬などのギャンブルでしょうかね。当たりそうで当たらない。外れても惜しかったように感じてしまう。馬券で食べていけないものかと挑戦してみたことがありますが、まったく無理な話でした。


ここ数年、予想以上の反響で販売を一時中止するような商品が、いくつかありました。アルコール飲料やスイーツなどもありますし、ウイスキーでもありましたよね。17年や25年などと長い年月熟成させるウイスキーだと、そんな未来の需要なんて予想できませんよね。17年前なんて、ウイスキー人気が下火だったはずです。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
「はげや」サイトの男逮捕“世界最強発毛薬”を無許可販売…未承認の内服薬の安全性は?
FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00049947HDK/202001231920_livenewsit_HDK
*****

このニュースは、一昨日にも掲載しました。そのときに、「私が買っているのと同じかも~」なんてことを書いていたかと思います。フィンペシアとミノキシジルだったし、価格も同じくらいだったからなんですよね。


逮捕された人の販売サイトの写真が今日のニュース記事に出ていまして、そうしたら予想通り、私が買っているフィンペシアミノキシジルとまさに同じものだったので、笑ってしまいました。


でもね。一昨日のブログでも書いたように、この人たちはそこまで悪徳ではないんですよね。もちろん法律違反なので悪ではあるんですが、このセットを7,000円で販売しても儲けは1,000円も行かない程度なんだと思います。送料も無料みたいだし。


それに、今日の記事を読むと、「自分で使用してみて効果があったので、売れるだろうと思った。広告と販売はしたが、違法だとは思わなかった」と話しているんですよね。自分で使ってみたと言うのです。


「未承認薬を違法販売して逮捕」と聞くと、ものすごく「悪どい」ことをしたような印象を受けます。効果のない偽物を、通常価格の何十倍~何百倍もの価格で売りつけたような感じを受けますよね。


中味をすり替えたりしていないのであれば、私が服用しているのと同じ薬を売っていたわけだし、本人も飲んでいたわけだし、メチャクチャな価格設定で儲けていたわけでもなさそうだし。


だから許してやれとか、罪を軽くしろとか言うつもりもないんですけど、そんなに悪い人たちではないのかもしれないなと思ってしまうのです。副作用のこととか、国内では未承認の薬だよとか必要な注意書きがあることが前提ですけど、罪を憎んで人を憎まずという気持ちになってしまいます。


儲けている金額ということだけで言えば、コスメやサプリメントを出している大手メーカーのほうが悪どくボロ儲けしている感じなんでしょ?

「世界の富裕層の上位2100人余りの資産を足し上げると、世界の総人口のおよそ6割に当たる46億人の資産の合計を上回る」なんてニュースが数日前にありました。

まぁこれが世の中であり、経済なんでしょうけどね。

この記事へのコメント