AGA服薬1125日 美容室に行ってる男性はどのくらい?もう一度アレを味わいたい

tokoya_kaozori_mask.png


髪のコンプレックス克服に「美容室」の新たな選択肢を。[正解率5.6%]半数が「植毛」「かつら」と間違えた驚きの薄毛対策は「カット」のみ!

という、『株式会社インティ』のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000041263.html

サブタイトルには、『20代男性の約半数がすでに薄毛を自覚。女性の6割はパートナーに「薄毛対策してほしい」と考えている。』とあります。


タイトルから予想すると、美容室でカットをすれば、植毛やカツラと間違われるほどの変身が可能だよ…って感じでしょうか。ビフォー・アフターの写真が出てまして、たしかに全然違います。まぁ、ビフォー写真がわざとらしすぎる感はありますけどね。トワイエ、たしかに良い仕上がり。


私は子供の頃から、ずっと床屋さんでした。理容室と呼べばいいんでしょうか。何歳ごろだったか、「美容室に行ってる男がいるみたい」という話を聞き、勇気を出して行ってみたことがあるんです。20代後半の薄毛になり始めのころだったのかな。


美容室に入った途端に、変な顔をされた記憶が今でも残っています。怪訝そうな女性美容師のお顔。
男が来たからなのか、お前は美容室って感じじゃないよと思われたのか、まぁそんな感じでした。


『失敗した~』と思いながらも、帰るわけにはいきませんもんね。どんな髪型をリクエストしたのか、どんな会話がなされたのか、どんな髪型になって帰宅したのかなどなど、あのときの記憶はさっぱり残っておりません。すぐにでも忘れたい時間だったのだと思います。


友人や同僚などと話したことはないのですが、美容室に行く男性は少なくないんですかね。オシャレ男子は、美容室に行くものなのでしょうか。


私にはそんなトラウマがあるから、美容室なんて二度と行きたくありません。バリカンを使って自分でカットしているので、床屋さんももう行かないでしょうけど…。


ビフォー・アフターを見ると、薄毛をバッチリ隠してくれています。でもきっと、床屋(理容室)さんも同じように上手にカットだけで薄毛を隠してくれるはず(薄くなってから行ってないので、確信のないまま言ってますが…)。


床屋に行かなくなって、もう何年になるのかな。何歳ごろから行かなくなったんだろう。30歳を過ぎたあたりとすれば、もう20年以上になるわけか。お金がかからないし、毎月わざわざ出かけなくていいのは楽ちんなんですけどね。


でも、心の底からものすごく残念なのは、『顔そり』をしてもらえないことなんです。男性はわかると思うんだけど、顔剃りは気持ちいいですよね。ブラシで泡立てた泡を顔に伸ばしていくのも、気持ちいい。顔をあっちに向けたりこっちに向けたりしながら、進んでいきます。こっそり覗くと、『おお!そんなに産毛が剃れているのか』なんて思ったりしてね。


顔そり後の蒸しタオルも、めちゃめちゃ気持ち良かったな~。蒸し器から出したタオルを、左右に「バッバっ」と広げて少し冷ましてから、顔に載せる。しばらく蒸らしたところで外されるんですよね。ん?あれは、顔剃り前と顔剃り後の2度やってもらえるのかもしれないぞ。残った泡を拭き取るようにされるのも気持ちよかったっけ。あれを味わえないのは、本当に残念でなりません。


顔そりだけをやってくれるところも、あるんでしょうけどね。気持ち的には、そこまでしてでもやってもらいたいのが、顔剃りです。「死ぬ前、最後に体験したいものは?」と聞かれたら、「顔剃り」って答えることにしようかな。

この記事へのコメント