AGA服薬1096日 美肌男子が薄毛予備軍なら、汚肌男子は薄毛確定?

skin_care_man.png


"美肌男子"は薄毛予備軍!?お肌は入念、頭皮は適当・・・あなたのケアは黄色信号。10~20代男性で「頭皮のケアをしている」と答えた方はわずか1割。次に薄毛になるのは、あなたかもしれません。

という、『株式会社ソーシャルテック』のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000037490.html

育毛や薄毛に関するめぼしいニュースがほとんどない状況が続いていて、新しい情報を渇望している自分がいます。新発見や急上昇ブームのようなものがない限り、話題が乏しくなるのは必定でしょうか。


薄毛や育毛関連のメディアやサイトはたくさんあって記事をアップしてるはずだから、それらが目に留まってもいいはずなのに…。なんでだろう~?
こういう場合、新製品やプレスリリースだけが情報発信元になるわけなんですね。


今回のプレスリリースは、いわゆる「美肌男子」を対象に実施された意識調査アンケートの結果が紹介されています。


スキンケアをする男性が増えている

異性の受けがいいだけでなく同性からも好印象

5種類以上のスキンケア用品を使っている男性もいる

しかし、頭皮ケアをしているのは1割程度と低い

早めに頭皮ケアしようよ

こんな商品があるぜ

ってな感じのプレスリリースです。


スキンケアに気を遣っている男性について、6割以上が「好感がもてる」と回答してるんだって。一昔前なら、こんなにいなかったんじゃないかな。


1種類以上のスキンケア用品を使用している割合は、28%。「中には5種類以上も使っている人がいる~」なんて驚きとともに書かれていますが、その割合は0.87%です。4種類以上も、同じ0.87%。ことさらに強調するほどの人数ではないのかもしれません。


ちなみに、スキンケアアイテムを使用していない割合は、48.45%もいるんですよね。半数近い数字。なんとなく安心するのは、私だけでしょうか。


こんなに美肌を意識してケアしているというのに、薄毛予防のための頭皮ケアをしているのは、たった1割しかいないのだそう。それをしてタイトルにあるように『"美肌男子"は薄毛予備軍!?』と、心配を煽るわけですな。冷静に考えれば、美肌男子はまだいいほうでは? 肌のケアをしていない汚肌男子(思いつきでこの名称にしましたが、こんなふうに呼ばれているのかは不明)のほうが、薄毛予備軍候補生として期待の逸材でしょうからね。薄毛確定?


つまりは、美意識が高かったり、見た目を気にしていたり、肌に不安があるなどしてスキンケア用品を積極的に購入する層の若者に対し、頭皮ケアアイテムも一緒に購入してよ、はたまた、その費用の一部を薄毛対策に回してよ…という戦略なのでしょう。


私としては、『10代~20代のころに薄毛対策なんて考えないよな~』と思ったものの、自分の薄毛が始まったのは28~29歳ころだったはず。ってことは、20代から薄毛対策を始める必要があったことになりますよね。もしかしたら、10代後半くらいからでも良いくらい?


高校時代の友達は、「父親が薄毛だから自分もそうなる」と当時から言っていました。「今のうちにパーマをかける」と突然パーマをかけたし、薄毛対策を何かしていると話していた記憶もあります。
私は薄毛になっても別に構わないと考えていたほうなので、薄毛対策をしようとは考えていませんでした。


その友達とは20年以上会っていないものの、数年前の年賀状に「スキンヘッドにした」と書かれてたっけ。10代から意識して対策をしていたというのに、無念…。


当時と違って今は情報がたくさんあります。良い製品もたくさんあるはず。薄毛対策は、若いうちから始めるほうがいいのは、間違いないことなのかな。


そしてそれは適切なケアアイテムを使うことかもしれませんが、それよりなにより、生活習慣や食生活、運動やシャンプー方法、喫煙や飲酒、睡眠やストレスケアなどなど、これらを整えることが重要のような気がしています。これらが整っていないと、どんなに素晴らしいアイテムを使ってもその効果は発揮されないと思うんです。初めてリアップを使ったときの私がそうでしたからね。


っていうか、どうして薄毛じゃダメなんだ?
このアンケートでも、将来避けたいことの1位が「薄毛になること」になってるし。
薄毛の何がイヤなんでしょうか。
薄毛でもいいじゃん。
そういう世の中は、来るのでしょうか………。

この記事へのコメント