AGA服薬1321日 育毛剤EC、だましのテクニックに措置命令

computer_monku.png


“スカルプD”と“三井住友海上”が日本初の補償サービス「スカルプD ミノキ補償制度」を開始したというプレスリリースを、一昨日、ここで紹介しました。
AGA服薬1319日 スカルプDのメディカルミノキ補償制度、購入時の不安が軽くなるかもしれない

育毛剤を買ってみようかと思うとき、『本当に効果があるのだろうか…?』という不安を持つものですが、この補償制度があれば不安の解消になるかも…と最後には思ったんですよね。


その途中で、育毛剤通販でよく見かける「全額返金保証」についても書きました。あれって、本当に返金してもらえるものなのかな…と。

翌日、こんな記事が出ていましたよ。

*****
解約に関する表示で景表法違反、育毛剤ECに措置命令…埼玉県
通販通信
https://www.tsuhannews.jp/72486
*****


女性向けの育毛剤で、景品表示法に基づく措置命令が行なわれたという内容。簡単に解約できるように思わせて、実は解約をなかなかできないようになっていたみたい。これだけではなく、顧客満足度の数値が怪しいとか、体験者の年齢でサバを読んでいたとか、ビフォーアフター写真が嘘くさいとか、通販サイトやCMでよくある表現がことごとく指摘されたみたいです。


まぁね。私たちとしても、実際はそんな感じなんだろうなとは思っているところもあると思います。すべてを完全に信用しているわけではないけれど、本当であってほしいの願いながら購入しているようなところがね。解約や全額返金保証なども、請求したってどうせダメなんだろうなと思いながら購入しているのではないでしょうか。


もっと突き詰めると、育毛剤を買うときに、心のどこかでは『効果なんてないよね』と本心では思っているところがあるんだと思います。でも、『もしかしたら本物かも』とか『今度こそ効くかも』とか、そんな淡い期待を持って買ってしまう。そんな気がします。


こんなふうに思っている人がほとんどでしょうから、全額返金保証なんて請求する人自体、そんなに多くないのかもしれませんよね。メーカーは、そのあたりのことはわかっているのでしょう。


昔のことを思い出すと、通信販売なんて信用してませんでしたよね。詐欺まがいのものばかりだったように記憶しています。Amazonや楽天ができてから、通販は安全に利用できるものになりました。トワイエ、昔ながらの詐欺的なショップがまぎれていたりもするようですから、昔の通販のことを忘れずに注意していきたいものですな。
昔は、本当にとんでもなかったですもんね。

この記事へのコメント