AGA服薬670日後 脱毛症のJK、母親が頭をペイントし笑顔で卒業写真

sotsugyou_album_girl.png



脱毛症のJK(女子高生)が、お母さんに頭を美しくペイントしてもらい、卒業写真を笑顔で撮影したことがニュースになっていました。








大きめの花が描かれていて、美しいですよね。母親の愛情や母子の絆も感じられて、温かい気持ちになります。



でも、日本だとどうだろうと考えました。
日本の高校だとこういうことは認めずに、そのままの頭で写真撮影しなさいって言うんだろうなって。



生まれつき茶髪の女子生徒に対し黒髪にすることを強制し、従わなければ修学旅行に行かせないなんてニュースがありましたよね。女子生徒は、登校拒否になっているって。



私が子供の頃、母親の高校時代の卒業アルバムを見たときに、脱毛症の女生徒がいたのを覚えています。



どんな髪形だったかははっきりと記憶していないのですが、髪の残っている部分は伸ばしていて、脱毛している部分は白かったんだったかな。包帯のようなものでぐるぐる巻きにしていた映像も思い浮かぶのですが、別の女性と記憶が曖昧模糊としているのかも。



私が高校時代からハゲていたとしたら、どうしただろう。
野球をしていたので、丸坊主にしていれば良いだけか。



でも、普通の髪型で生活したいとしてカツラなんかを被ろうと考えたとしても、学校側はそんなことは認めなかったのかな~?



「君はカツラを脱がない限り、修学旅行には連れて行かん!」



そんなふうに言われていたら、どうしただろう。
どちらにしても、楽しい思い出というよりは悔しい思い出として残りそう。



でも考えてみたら、私は修学旅行であまりいい思い出はありません。中学も高校も修学旅行はあまり楽しくなかったからか、記憶自体がほとんどないですね。



だからって、修学旅行に行かなくたって平気だよってことにはならないか。
何を言っているのかグダグダになってきたので、きょうはこのへんで。


この記事へのコメント