AGA服薬398日後 腹七分で薄毛もEDも改善できる?

chabudai_kaeshi.png

薄毛やEDに『サーチュイン遺伝子』というものが大きく関係しているのだそう。サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子ともいわれているとか。そのサーチュイン遺伝子を活性化すれば老化を防ぐことができるんだって。老化を防ぐことができるということは、薄毛やEDを防ぐことにもつながるわけ。



では、そのサーチュイン遺伝子を活性化するためにどうしたらいいかという話になりますよね。その答えは、次の記事に載っています。



*****
【検証55歳からの性 アンチエイジングSEX】空腹時のほうが勃起しやすい EDや薄毛に「サーチュイン遺伝子」が関係 (1/2ページ) - 愛と性 - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/love/news/20170206/lov1702060830001-n1.htm
*****



寝不足や疲れているときに勃起するのは、こういう理由があったんですね。知らなかった~。


サーチュイン遺伝子を活性化するためには、空腹状態が必要とのこと。1日の平均摂取量の7割程度とあります。70%。つまり腹八分ではダメで、腹七分ってことでいいのかな。



「じゃぁ、空腹であればあるほどいいわけ?」
「カロリー制限のダイエットを何度もして、そのせいでハゲたんですけど?」



カロリー制限は5割を下回ると、逆に老化が進行する恐れがあるんだってさ。やはり、私の過酷なダイエットが髪に悪かったんだ。カロリー50%未満の無理なダイエットを何回も繰り返したからね。



もうひとつ紹介されているのが『ポリフェノール』。ワインに含まれる『レスベラトロール』というポリフェノールがサーチュイン遺伝子を活性化させるんだって。



腹七分の食事とワインね。

薄毛と勃起の改善のために、気をつけてみようかな。
ダイエットにもなりそうだしね。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック