AGA卒薬226日目(服薬1502日)自分だけは若く見えると思っていたりします?

narcissist_narushisuto.png


若く見られるほうでしょうか?

私は
老けて見られるほう
だったかも。

太っていた
というのも
あったかも
しれませんが、

20代には
ふさわしくない
ニックネームで
会社内では
呼ばれていました。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
なぜ、男性は自分だけは若く見えると勘違いしてしまうのか?
@DIME アットダイム
https://dime.jp/genre/1005787/
*****

ふと
思い立ち、

自撮り写真を
撮影してみると、

あまりの
老人ぶりに
がく然とします。

なんでなんでしょう?

毎朝、
顔を洗うときに
鏡で
自分の顔を
見ているというのに、

こんなに
くたびれた顔だと
気づいていないのは
なぜなんだ?

本日の
紹介記事にあるように、

自分だけ若く見える

なんてことは
さすがに
思っていないはずだけど、

「若い」
「若い」

と言われるせいで
年齢よりも若いと
どこかで
思っているのかも。

ちなみに
「若い、若い」と
言うのは
母親です。

母にしてみれば
息子は若いし、

母親の「ひいき目」が
あるに決まってます。

同年代より
若く見えているものと
私自身も
勘違いしている
可能性は高そう。

冷静に考えてみれば、

ここまで薄毛
なのですから、

同年代より若い
わけがない。

絶対に
老けているはず。

20代のころから
老けて見られていた人が
実年齢に追いついて
逆にそれを追い越し
今は若く見られる…

そんなケースは
あるかもですが、

薄毛の場合は
無理でしょう。

自撮り写真を見れば
やはり
もう初老なのかな。


そう言えば、

かなり太っていたころも
そんなに太っていると
自分では
思っていなかったのです。

体重計に乗っているから
体重は知っているし、

ブヨブヨの体を
自分でも見ています。

服やズボンだって
大きなサイズ。

それなのに
太っているとは
思っていない。

いや、
太っているのは
わかっているけれど、

太っている他人の姿ほど
自分の姿は太っていない

と思っていた
感じがします。

実際の体型や姿、
体重だって
自分のほうが重い
かもしれなくても、

自分は
あんなに太っていない

と思っていたみたい。

思い込もうとしていた
という感じではなく、
本心から
そう思っていた…

というか、
思ったり
比較したりするわけではなくて、

意識せずに
そう思っていた
感じがします。

薄毛についても
同じようなところが
あったかもしれません。

もともと
おでこが広い
ということもありますが、

薄毛が進行していることに
無頓着でした。

薄毛になってもいいと
考えていたことも
影響しているのかな。

自分のことを
正確に見ていなかった

ということ
なのでしょうか。

自分で
自分が
正確に
見えていない。

男はみんなそうなのか、
自分だけがそうなのか?

今日の紹介記事のような
内容が出てくる
ということは、

男性には多い話なのかも
しれませんな。

自分のことを
客観視できない

ということ
なのでしょうか。

女性は
それができる

ということなのかな。


まぁね。

見た目が若いのも
重要なのでしょうけど、

この年齢になると
体の若さのほうが
重要になってきます。

とにかく
病気とか
不調、不快には
なりたくない。

痛いのなんて
イヤ。

体には何事もなく
普通に動いてくれさえすれば
老けて見えようが
なんだろうが
どうでもいいかも。

薄毛だろうと
普通に暮らせるだけで
オッケーな感じ。

そりゃあ、
見た目が若くて
髪もフサフサのほうが
いいけれど、

体や心が元気というか、
普通でいられれば
それで十分。

そんな気持ちになってきた。

薄毛でも
老けてても
いいよ、もう。

体と心が平和だったら
それでいい。
それがいい。

こう思うところが
老けた証拠かも
しれませんな。


この記事へのコメント