AGA服薬508日後 薄毛からウツに、ウツから薄毛になることも?

cut14_kendama-736x491.jpg




男性の「心」と「髪」の問題の背景に共通する事情について、メンズヘルスクリニックの院長に取材した記事がありました。メンタルヘルス医療に携わった後、頭髪治療の専門クリニックを開業したという経歴の持ち主。



AGA(男性型脱毛症)患者を襲う「うつ病のような症状」というものがあるのだそう。AGAと抑うつ症状に関係があることもあるんだって。抜け毛や薄毛が心配で外出もしたくなくなるなどの気持ちは、私もわからないではないですね。それが抑うつ症状につながるということなのでしょうか。



もう一つは、男性ホルモンやテストステロンの減少がきっかけで、抑うつ症状やAGAが起こるというパターン。テストステロンがガソリン、ジヒドロテストステロンをハイオクガソリンに例えた部分は理解しやすかった。加齢によりテストステロンが減るとジヒドロテストステロン(DHT)が増える。それにより抜け毛や薄毛になるということは知ってましたが、テストステロンの減少という点でAGAと抑うつ症状には共通点がある。こういう認識でいいのかな?



ホルモンバランスの変化、テストステロンの減少。更年期障害は男性にも起こるわけですが、こういうことが抑うつ症状だけでなくAGAにもつながる場合があるわけなんですね。
その対策として、「ホルモン補充療法」や「注射」「外用薬」などが紹介されています。



そしてやはり、「生活習慣」の見直し。食事、睡眠、ストレスについても書かれています。特に、睡眠とテストステロンの関係は勉強になりました。睡眠をもっときちんととっていれば、私はハゲなかったのかもな~。



「最後にもう一つ」として、テストステロンの増やし方が書かれています。こういうのが一番重要かもしれないと、この年齢になると実感しますね。こういうことが、ウツになるのを防ぐのかもしれないし、ハゲになることも防ぐのかもしれません。
幸せホルモンって「オキトシン」でしたっけ?
ハグとかスキンシップで出るホルモンだったかな?
オキトシンなんかも、抑うつ症状やAGAに効くかもしれないね。


*****
ちょっと意外な男性の心と薄毛の関係 | 誰も言わない うつの本音 | 西川敦子 | 毎日新聞「医療プレミア」
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20170602/med/00m/010/010000c
*****




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック