AGA服薬185日後 薄毛になりやすい10の状態と三欲

ノースリーブで体温計を腋に挟む女性.png
髪は増える!という本をお書きになっている「山田佳弘」さんのインタビュー記事を数日前に紹介しました。
AGA服薬182日後 髪は増える:髪の毛はすべて過去のもの、変えられるのは未来に生えてくる髪の毛のみ
http://goo.gl/x3LHCI



この山田佳弘さん、また登場している記事がありました。
今、育毛界で注目されている人物なんでしょうかね。

ヘアケアのニュース - 平熱が「36度5分以下」だと危険!薄毛になりやすい10の状態 - 最新ボディケアニュース一覧 - 楽天WOMAN
http://woman.infoseek.co.jp/news/bodycare/suzie_18026


今回の記事、前半は先日の記事と同じようなことが話されています。
後半になると、初めて読む話ばかりですね。

■頭皮・心・体に余裕がないと薄毛になる!


という見出しからの話。

「血虚(けっきょ)」と「血余(けつよ)を理解しなければいけない


「頭皮、心、体」に余裕をなくした状態が続くと薄毛になっていきます。逆に余裕がでてくると毛が戻ってくる



その『体と心に余裕がない』状態、つまり『薄毛になりやすい10の状態』が列挙されています。

(1)疲れやすい
(2)風邪を引きやすい
(3)体が冷えている
(4)平熱が低く36度5分以下(35度台の低体温は好ましくない)
(5)下痢を起こしやすい
(6)食が細い
(7)忙しくて、ゆっくりする暇が無い
(8)寝つきが悪くて熟睡できない
(9)ちょっとしいたことや細かいことが気になる
(10)人間関係に気を使って疲れている


この10個のうち、私がハゲ始めたころに該当するのは、(3)(7)くらいかな。(10)もかな~。
これよりも
■食欲・睡眠欲・性欲を充足させると変わる

という見出しの内容のほうが深刻だったかも?

三欲とは食欲、睡眠欲、性欲(人間関係)の3つを指します。そのため、「この3つを充足させるように心がけてください」と山田さんは説明してくださいました。


・暴飲暴食だったので、食欲は満たされていたはず。食べすぎは問題だったし、質も低かっただろうけど。

・睡眠欲は微妙。夜勤シフトの仕事をしていた時期もあり、昼間は熟睡できないことも多かった。昼間の勤務に戻った時も、つねに睡眠不足だったような。

・性欲は、さっぱり満たされていなかったな~。これがハゲた原因だったということか?性欲(人間関係)とあるから、異性との関係だけではないわけか。ストレスってことなんだろうな。


こうして挙げられてみると、3つともアウト。ハゲるべくしてハゲたということかもしれないな。食欲・睡眠欲・性欲の3つともダメだったんだからね。
そのうえで、遺伝的にもハゲなんだし…。


でも逆に考えると、ここ十数年は、さっきの10項目はだいじょうぶだし、食欲と睡眠欲は改善されている。
性欲だけは、相変わらず満たされていないけどね。


そこに、フィンペシアとミノキシジルタブレット、亜鉛サプリ、育毛剤が加わっているのだから、なんとか踏みとどまっているということなのかもしれないな。

あとは、性欲を満たすことだけか。
ハゲを治すことより難しかったりして……。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック