AGA卒薬161日目(服薬1502日)薄毛の人はコロナが重症化しやすい説はどうなった?

mangaka_shimekiri_woman.png


専門家の言うことを
信じる方でしょうか?

テレビなどでは
専門家が
たくさん出てきます。

専門家ならではの解説を
私たちは
参考にして
信じてきました。

しかし、

専門家でも
言うことが違ったり、
専門家にも
様々な背景があったり
することを知るわけです。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
薄毛の人はコロナが重症化しやすい?(忽那賢志)
- 個人 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200810-00187012/
*****

漫画家・羽海野チカさんとの
「20年越しの奇跡の出会い」が
話題になった
忽那賢志医師の記事。

薄毛の人は
コロナが重症化しやすいと
最初に言われたのは
いつごろでしたでしょう。

そのあたりが
実際にどうなのかを
現段階の時点で
まとめてくださっています。


薄毛だと
重症化しやすいと
報道されたときは、
ほんまかいなと
驚いたものでした。

引用先の論文(?)を見ると
4月16日という
日付があります。

もう4ヶ月くらい
経つのですね。

考えてみると、

この話以降は、
この手の
「こんな人が重症化しやすい」
というニュースは
あまり
見かけなくなったような
気がします。

私に該当するような
条件ではないから
気づかないだけ
かもしれませんが…。


世の中は
お盆休みに入っている
ところもあるみたいですね。

小学生も
やっと夏休みになったとか。

昨日見たツイートに
こんなのがありました。

お坊さんが
檀家さんまわりをしたときのこと、

このご時世、
手をアルコールで消毒してから
檀家さんの家に
入るわけです。

お経をあげる前に
仏壇の
ろうそくや線香に
火をつけようと
したところ、

手が炎に包まれた

というのですよ。

アルコール消毒しているから
こういうことは
起こりますよね。

お盆のお墓参りをする人も
今年は少ないかも
しれませんが、

消毒したあとは
火の取り扱いに
気をつけなければ。

Tweetを見るまで
気づいてませんでした。

近くに火気があるところで
消毒スプレーを噴射する
なんてことを
思わずやってしまう人も
いるかもしれません。

我が家でも
殺虫剤を
ガスレンジ付近で
スプレー噴射した
家族がいました。

引火してたら
服の素材によっては
火だるまになっていた
危険性があります。

いや~ほんと、

スプレーしたときに
引火する
というのは
気にしてましたが、

手を消毒したあと、
そこに引火する
というのは
気づいていませんでしたよ。

夏休みは
家で花火をする機会なども
あると思います。

みんなで集まるし、
花火やライターを
手渡しするかも
しれないからと
消毒してから
遊ぶ場合もあるでしょう。

マスクに
消毒スプレーが
かかっていたりして
そこにライターの火が
引火する…
なんてことも
ありえるのかな。

予期せぬことが
起きるかもしれません。

予期していないから
注意しようもないのですが、

今までの経験と知恵を
新しい日常に
当てはめて考えることが
必要ということか。

今の生活は
初めて経験していることだと
意識しなきゃ
いけないのかも。

去年までと同じように
暮らしているけれど、
実は
初めての経験が
たくさんあるのだと。

思わぬことが
起きるのだと。

たしかに、

去年までは
見聞きしなかったような
事故や事例・事象が
ニュースになっている
ように思います。

大雨や異常な暑さも
そうですが、

これまでの常識が
通用しないことがある
ということを
さらに意識したほうが
良さそう。

なんだか、

これまで常識的に
考えていた
日本人の印象も

今回のコロナ禍で
変わってきました。

日本のシステムが
かなり遅れていたことも
顕になりましたし…。

コロナは
いろいろなことを
あぶり出したのかな。

日本だけでなく、
世界中、ね。

さてさて、

薄毛の運命や
いかに。

この記事へのコメント