AGA卒薬34日目(服薬1502日)薄毛の原因、思い当たるのはズバリ何?

tako_ashi_taberu.png


薄毛の原因、思い当たるのはズバリ何?

こう質問されたら、何と答えるでしょうか。
答えは3つまで挙げることができるようです。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
薄毛の原因、思い当たるのはズバリ何?あの時、あんなことさえしなければ! 薄毛に拍車をかけたと思う若気の至りとは?
発毛剤ラボ
https://hatsumouzai-lab.com/reason-of-thin-hair
*****

薄毛の原因として思い当たることの第一位は、「ストレス」ということになっています。こういうアンケートだと、ストレスが一位になることがほとんどでしたでしょうか。


ストレスが薄毛の原因と言われると、簡単に納得してしまいます。

でも、本当にストレスが薄毛の原因なのでしょうか?
みなさん、そんなにストレスがあるものなのでしょうか?
誰にでもストレスがあるのに薄毛にならない人だっているのは、どうしてなのでしょうか?


そして以前にも気づいたことであり、この記事内でも指摘されているように、ストレスが薄毛の原因と考えているにもかかわらず、薄毛を食い止める策として「ストレス解消」を積極的に行っている人が少ないのはどうしてなのでしょう。不思議です。


薄毛や病気の原因をストレスの一言で片付けるのは、簡単というか単純というか短絡的というか、深く考えるのを避けた思考停止状態という感じがしないでもありません。


外れてはいないけど、正確でもない。ざっくりしすぎていたことに、考えてみるまで気づきませんでした。


ストレスなんて誰にでもあるし、何か一つだけというわけでもないし、その時その時で違うこともある。そうなると「ストレス」という言葉でまとめてひとくくりにするしかなくなるのでしょう。


人間関係のストレス、病気のストレス、仕事のストレスなどなど、いろいろあります。仕事のストレスであれば、仕事内容のストレスもあれば、上司や部下・同僚とのストレスもあるし、通勤のストレスもあるし、残業や夜勤のストレスもあります。


普通に生活しているだけでもストレスはあるでしょう。暑い寒いだけでもストレスだし、食事や飲酒・喫煙なんかもストレスになることだってあります。歩く・走る、テレビやスマホ・ネットを見ることだってストレスになることもありそう。


ストレス要因がこれだけたくさんあるのですから、薄毛の原因をストレスということにしてしまえば間違いない。たしかに間違いない。


正解だと疑ったことはなかったけど、こうして考えてみると何だか違うような気もしてきます。


ストレスが薄毛の原因かもしれないけれど、そうではないかもしれない。0~100%の間を、その時その時で動いている。各種あるストレスの中で一番大きなストレスが影響したのかもしれないし、小さいストレスが重なったことが原因かもしれない。


「薄毛の原因はストレス」というしかなくなるのか。結局、わからない。遺伝の影響もあるだろうし、加齢や老化も当然あるし、栄養不足や運動不足もあるのだろう。もうさっぱりわからない。


薄毛の原因を探るのは、それを取り除けば薄毛になるのを食い止められるのではと考えるからか。ストレスが薄毛の原因と考えているのにストレス解消を対策の最重要に挙げないのは、ストレス解消は無理と考えているからでしょう。遺伝や加齢・老化についても、防ぐことはできない。


ということは、薄毛防止として私たちができることって、食事と運動だけかもしれません。考えるまでもなく、当たり前のことだったかも。AGA治療薬も効果的だから、食事と運動だけとは言えないけれど。


でもやはり、ストレスが大きかったり多かったりするのなら、それの解消が先なのかも。シャンプーや育毛剤に気を使うよりも、ストレス解消したいところ。原因を改善しなければ、シャンプーや育毛剤は効果が出ないように思います。AGA治療薬は医薬品なので、それなりの効果は発揮しますけど。


ストレスがかかり続けると、病気にもなりそうだから。
薄毛で済んでいるのならラッキーなのかもしれません。


この記事へのコメント