AGA服薬395日後 薄毛の扱い、東京大阪でやはり違うことが判明。意外な結果も。

chizu_color.png

やはりと言うか、予想通りと言うか、薄毛の人に対する扱いや対応が、東京と大阪ではかなり違うことが判明したようです。



*****
「薄毛を話題にしない」女性の割合、東京と大阪で2倍の開き | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2017/02/10/298/
*****



・薄毛の人に対し、薄毛の話題に触れるか

この質問、大阪の女性のほうが薄毛を話題にする人が多いと思ったのに、なんと東京の半分しかいないんですね。大阪の人は笑いのネタにしてからかったりしながらコミュニケーションを深めるものかと思っていました。東京のほうが触れないようなイメージがあったので、とても意外な結果。




・恋人、配偶者などが薄毛だったらどう思うか

じゃあこちらの質問はどうかというと、「気にしない」と回答した人が多いのは大阪のほうなんです。東京より10ポイントも多いんですよ。
薄毛の話題に触れないように気を使っているということは、薄毛やハゲを気にしているからだと思ったのに、逆に気にしていないということなんですね。
東京の女性は、薄毛の話題に触れてくるから気にしていないのかと思いきや、実は気にしているという結果。気にしてるんなら触れないで欲しいですよね。




東京と大阪で違いがあるのは予想どおりではあるものの、イメージとは逆の結果でした。大阪の人は言葉がキツイ感じがして、ズカズカと他人の領域に踏み込んでくるのが嫌だったんです。押しも強いし。
でも考えてみれば、大阪の人のほうが人情味があるもんね。もしかしたら薄毛やハゲの人に対してもやさしいのかもしれません。
そうしてみると、東京の人のほうが冷たいのかな~?



こういうのって東京と大阪の比較が東日本と西日本の比較にされがちだけど、北海道や東北、四国や九州でも、きっといろんな結果になるんだろうね。地域性がありながらも。
同じ北海道でも地方によって違うだろうし。
まぁそれでも、人それぞれなんだろうけどね。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック