AGA服薬1354日 薄毛も前立腺がんも予防対策は一緒なのかもしれない

food_fried_chicken_keel.png


大好物は、なんですか?

何よりも好きな食べ物や飲み物のことを、大好物と呼ぶのだそう。飲み物も含まれるんですね。また、口に入れる物だけに使われるというのも、不思議な感じ。


『最後の晩餐は、何にする?」なんて質問もあります。死ぬ前、最後に食べるメニューは何がいいかというもの。
人によっていろいろあるのが、おもしろい質問ですよね。


そういう話題になるたびに、私も何にしようか考えてきました。ここ数年、私の最後の晩餐は「お寿司」が陣取っています。つまり、今はお寿司が一番の大好物ということになるのでしょうかね。


若い頃は、これが最後の晩餐だったような記憶もあります。

今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
“男性が罹患するがん第2位”前立腺がんを進行させるのは「フライドチキンと焼き鳥の皮」
文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/14513
*****

そう。ケンタッキー・フライドチキンが、若い頃に私が選んでいた最後の晩餐だったように思います。日曜日には、毎週のように食べていた時期があったんじゃなかったかな。ものすごい量を食べていたはずです。焼き鳥の皮も大好きなんですよね。


そのフライドチキンと焼き鳥の皮が前立腺がんを進行させる食べ物というのですから、読まないわけにはいかないタイトルでした。最近は、各コンビニがフライドチキンで競っている印象もあります。フライドチキンは、人気が高いということの証明でしょう。


記事の最初の最初にある、「日本人には縁がないといわれた前立腺がん」という文章にまず驚きました。そんなふうに言われていたんですね。それなのに、今や男性が罹患するがんの第2位にまで登りつめています。もうこの時点で、理由は食生活の欧米化という結論が頭に浮かんでくる感じ。


40歳を過ぎたら控えるべきという食材や、予防効果のある食材の話、イタリア人の前立腺がん発症率が低い理由などなど、どの話もかなり真剣に読んでしまいましたよ。不足するとがんの引き金になるという栄養素については、サプリメントを飲んでいるから大丈夫なのかな。


そして、フライドチキン(焼き鳥の皮)の話が出てきます。
最後は、運動の話ですね。


とても参考になったのですが、薄毛・育毛対策と同じではないかと気づきました。食べるべき食材や運動などは、薄毛予防や育毛の記事にも出てくるものと似ています。健康な身体にするためのものだから、ほぼ同じなのでしょう。


フライドチキンを初め、薄毛や育毛の話では出てこない食材もいくつかありましたが、このあたりが薄毛に関係している可能性も考えられますよね。ストレスマネジメントの話なども文藝春秋に掲載されているようですから、まさに薄毛や育毛の対策とほぼほぼ一致している感が否めません。


結局、がんも薄毛も健康でいることが重要ということは共通ということなのでしょうね。

この記事へのコメント