AGA服薬1045日 薄毛フェチの女性が登場 しかし薄毛ならいいわけじゃないみたい

fashion_gothic_and_lolita.png


男性のここに興奮!ついキュンとくるフェチズム5選

という、『愛カツ』の記事。
https://aikatu.jp/archives/372409

20代~30代の女性に、「思わず興奮しちゃう男性のパーツ、しぐさ」について聞いてみた結果が出ています。
『愛カツ』というサイトは、初登場かな。「恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板」なのだそう。


無精ひげ、腕の筋肉、ネクタイをゆるめる仕草などとともに、我々も並んでいますよ。

*****
「私、ハゲの男性にときめくんです。大切なのはハゲ方。後頭部だけのハゲは無理です。M字ハゲが大好き!ハゲの人って性欲強いっていうし、なんかいいなぁって思う」(25歳/歯科衛生士)

海外では「ハゲ=男らしさの象徴」として、モテモテの国もあるのだとか。

変に小細工してハゲ隠しするより、ハゲでも堂々としている人は潔さを感じて好感が持てますよね。
*****

いろんなフェチがありますもんね。


それにしても、フェチ。
普通に使うようになってるけれど、ウィキペディアによると…

*****
フェチとは、性的嗜好の一つで、呪物崇拝、物神崇拝、拝物愛などとも関連するフェティシズム(fetishism)を略した言葉である。
*****
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%81

フェティシズムがリンクになっているのでクリックしようとしたら、クリック先のページが表示されるように仕様変更されていて……とんでもない写真が出てきます。

*****
フェティシズム(英語: fetishism)とは、人類学・宗教学では呪物崇拝、経済学では物神崇拝と訳される。また、心理学では性的倒錯の一つのあり方で、物品や生き物、人体の一部などに性的に引き寄せられ、性的魅惑を感じるものを言う。極端な場合は、性的倒錯や変態性欲の範疇に入る。
*****
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0


そうですよね。
普通に使雨用になったから忘れていましたが、フェチとはそもそもこういう意味でした。そういうこともあって、「フェティシズムの誤用」という項目がありますよ。長くなりますが、興味深いのでそのまま引用させていただきます。

*****
「胸の大きな女性が好きだから自分はおっぱいフェチだ」などと自称する人がいるが、これらは上記の基準に照らし合わせればフェティシズムには分類されない。彼らの性欲の対象は、胸の大きな女性との交際や性行為である。「胸が大きい女性との性行為しかままならない」というほどの性的対象の歪曲が持続することで、初めて性的フェティシズムと言える。

俗語としてのフェチは交際や性行為がメインであり、それを彩るための副菜・添え物としての趣味を指すため、専門用語としてのフェティシズムとはかなり乖離した意味であることに注意が必要である。

かつては隠微なものであった特殊な嗜好も、近年ではフェチという言葉が一般化し、脇フェチ、尻フェチ、二の腕フェチなど一層細分化され、パーツへのこだわりという現象が顕著になってきている。また、近年ではめがねフェチ、鎖骨フェチ、声フェチ、腹筋フェチなどといった言葉で語られる女性の男性に対するパーツ化された嗜好が一般に語られるようになってきている。ただし、これらは俗称かつ誤用である。

現在ではこちらの俗称の方が広まったため、本来の意味でのフェティシストがこちらのタイプと誤認されることも多く、思わぬ弊害を生む場合がある。例えば、異性愛者であっても、異性ではなく同性に関連する物、あるいは物としての同性の体やその一部に性的興奮を覚える人、同性に関するフェチ画像をウェブサイトなどで公開している人などが存在するが、このような人々が同性愛者であると誤解・曲解されること、あるいは本人でさえそう思い込むことも少なくない。本当の同性愛者の中にもこのようなフェティシズムを持つ者は存在し得るが、上述の例の場合はあくまでも同性ではなく、それに関連する物、あるいは物としての肉体が性欲の対象であり、同性との交際や性行為が対象ではないため、これらのフェティシストの人が同性愛者であるわけではない。
*****


これ以降も谷崎潤一郎や大槻ケンヂが出てきたりと、なんだかおもしろそうなことがたくさん書かれているようなのですが、またの機会に譲ります。


私は、何のフェチだろう。フェチと呼べるほどのものがないような…。
あなたのフェチは、なんですか?

この記事へのコメント