AGA卒薬152日目(服薬1502日)薄毛業界初?『発毛ホットライン』爆誕

kodomo_denwa_soudan.png


相談できる人は
いますでしょうか?

何か困ったとき、
今なら
ネットでググろう
ということに
なると思います。

だいたいのことは、
それで答えが見つかるもの。

しかし、
その答えが正しいのか
判断がつかないことも
少なくありません。

また、
求める答えが
ネットにない場合も
あるものです。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
”業界初”の薄毛の悩みをプロに相談できるサービス『発毛ホットライン』をリリース
カッコイイ株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000048304.html
*****

薄毛に悩む全ての方が
【いつでも / 何回でも】
プロに相談ができる
業界初の定額サービスが
リリースされたという
プレスリリースです。

カッコイイ株式会社ですから
薄毛男性向けサイト
『MOTEO』を運営している
会社ですよね。

ネットで調べれば
わかることなのに
お金を払ってまで…

なんて思うものの、

誰かに相談したら
答えを教えてくれる
というのは、

『あったらいいな~』と
思うことは
何度かありました。

薄毛関連というわけでは
ないですけどね。


どんなことでも
わからないことを
尋ねれば、
すぐに答えてくれるような
存在がいると
本当に助かると
思います。

子どものころで言えば、
父親みたいな存在でしょうか。
先生みたいな存在かな。

助けを求めたときに、
こうしなさいと
言ってくれる存在。

それに従っていれば
良かったわけなので
楽ちんだったのかも。

ネットは
たしかに
答えはあるけれど、

探すのも大変だし、
本物を見つけるのも大変だし、
選択の責任は
すべて自分。

選択をミスっていたら
損するのも自分。

また、
ネットに答えが
見つからないケースも
あります。

答えを持っている人が
いることは
確実なのに
ネットに答えが
見つからない。

こういうときに
思うのです。

何を聞いても
教えてくれる存在が
いればいいな、と。


わからないことがあると
調べる前に
人に聞く人がいます。

会社だと
「聞く前に調ベろ」と
叱られるでしょうか。

ネットだと
「ググれ」と
言われるのかな。

私も
新入社員のころ
先輩に聞く前に
調べるようにしなければと
気をつけたはず。

聞く前に調べるのは
当たり前になっています。

最近よく
調べずに聞く人を
チャットで
見かけることがあり、

「おいおい!
調べてから聞けよ」

などと
心で思うのですが、

ネットですから
社会人ではない若者も
いるわけです。

聞く前に調べるという常識は、
通用しないのかもしれないので、

「まだ知らないのだから
仕方ないか…」

などと
思い直すわけ。

でもね。

その人が知っているのは
確実なんだから、
聞いちゃったほうが
早いのは間違いない。

聞いちゃったほうが
楽ちん。

わからないときに
すぐ聞いたほうがいい。

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥。

調べずに聞いてしまいたい
というのが本心なのだと
思うようになってきました。

許されるなら
聞いてしまいたい、と。

もちろん、
聞く前に調べるのは
社会人としての常識だし
そうあるべきだとは
思います。

調べればわかること
なんですから。

でもなんか、

聞けばわかることを
調べるのは
なんか無駄かも。

自分のことしか考えていない
わがままな感じでは
あるけれど

そういう常識を知らずに
教えて?
と言えちゃうのも
それはそれで
いいのかなって。

そんなふうに
調べればわかることを
「教えて?」と
言ってくる人に対しても、

嫌な反応もせずに
やさしく教えてあげられる人も
なんかいいな~って。

私だったら、
「調べてから聞けよ」と
心のなかで
思うはずですから。


「調べてから聞け」とか
「聞く前に調べろ」とかは、
日本だけなのでしょうか?

アメリカなんかだと
「調べないで聞けよ」
「調べる時間がもったいないだろ」
という感じなのかも。

いや、
アメリカ人は
調べることも
聞くこともせず、

考えずに
とにかくやってしまえ
という感じかも。

個人の意見・感想です。

この記事へのコメント