AGA服薬954日後 薄毛(AGA)治療薬、何をどう飲むべき?副作用や新薬は?

science_hatsumou_kenkyu.png


薄毛治療薬でEDになる!?AGA薬にまつわるウソ・ホント

という、『ダイヤモンド・オンライン』の記事。
https://diamond.jp/articles/-/176809


*****
多くの男性の悩みの種である、男性型脱毛症(AGA)。治療薬を飲むことで症状が改善される一方、性欲減退やEDのリスクがあるという話もよく聞く。そこで、選ぶべきAGA治療薬やその副作用、新薬が出てくる可能性などについて、東京メモリアルクリニックの佐藤明男院長に聞いた。
*****

というもの。

東京メモリアルクリニックの佐藤明男院長は、

*****
6月4日に、理化学研究所と医療ベンチャー企業のオーガンテクノロジーズが、「髪を作る器官である『毛包』を大量生産することに成功した」と発表したのだ。佐藤医師も研究チームの一員であり、臨床実験を担当しているという。
*****

とのこと。


AGA治療薬というと、「フィナステリド(私の場合は、フィンペシア)」「デュタステリド」「ミノキシジル」の3種類がおなじみですよね。私は、フィンペシアミノキシジルを服用しているわけです。


ところが、佐藤先生はこうおっしゃっています。

*****
 佐藤院長によると、複数の薬を併用する必要はなく、フィナステリドのみの服用で効果は十分だという。

「5α-還元酵素阻害薬とミノキシジルを併用すると2倍の効果が期待されると思われがちですが、ミノキシジルの効果は半年たつとなくなってしまうケースが多い。3、4年たてば、5α-還元酵素阻害薬のみ服用している人とほとんど同じような状態になってしまうので、ミノキシジルを使うか使わないかは患者本人にお任せしています」
*****

えーーー!そうなのーーー!
フィンペシアが抜け毛を予防し、ミノキシジルで発毛を促す』
そういう認識で続けてきたというのに、フィンペシアだけでいいんかい。

ミノキシジルの効果が半年でなくなるケースが多いというのも、言われみると私自身の治療経過に合致するような気もしてきます。そうだったのか~。

次回からは、フィンペシアだけを買えばいいのだろうか…。今はまだ、決心できないけど。


2ページ目には、AGA治療薬の副作用や治療開始時期について書かれています。副作用はほぼないというのが、佐藤院長の見解のよう。
治療開始のタイミングは、やはり早期治療がいいみたいです。


3ページ目には、亜鉛やノコギリヤシなどのサプリメントが薄毛に効果的かどうかが書かれています。亜鉛サプリメントは、私も飲んでいますからね。
新薬については、ホルモンに作用する薬に関して言うと今以上のものが出てくる可能性は低いとしています。その一方、髪の老化が薄毛の原因という論文が発表されているそうで、毛髪老化予防薬のような新薬が登場する可能性があるかもしれないとのことです。


記事の最後には冒頭で触れた、理研とオーガンテクノロジーズの毛髪再生医療のことが書かれています。

*****
実際の治療に導入するのは2020年。治療には人工皮膚が用いられるのですが、現在は、全身で2000万~3000万円とかなり高額です。髪の毛のみの治療も、最初はそれぐらいの値段になると思います。一般の人たちが治療しやすくなるまで何年かかるかは判断しかねますが、値段はいずれ下がっていくはずです
*****

具体的な金額を見るのは、初めてかも。それに、人工皮膚を使うという話も、初耳ですよね。
にしても、こんな金額では、絶対に無理。料金が下がるといっても、どのくらいまで下がるのか。いつごろ、下がるのか。期待がふくらんでいたけれど、私には間に合わないような気がしてきました。

やはり、ありのままで生きる道を探るのが良さそうですな。

は~、でもどうしょう。
ミノキシジルは、もう買わなくていいのかな…。

この記事へのコメント