AGA卒薬133日目(服薬1502日)読書アシストで育毛薄毛情報を素早く楽にキャッチできる?

book_hon_no_mushi_man_bug.png


読書はお好きでしょうか?

読書らしい読書
と言えるような読書は、
もうすっかり
していないような。

読書らしい読書って
なんやねん。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
文章のレイアウトで読みやすさを高める技術「読書アシスト」を期間限定で無償公開
DNP 大日本印刷 https://www.dnp.co.jp/news/detail/10158391_1587.html
*****

大日本印刷株式会社(DNP)が
日本ユニシスと共同で
実証実験を行っているのだそう。

期間限定の無償公開により、
利用者の声を集めている
とのこと。

どんなものか
気になったので、
サイトを訪問してみました。

用意された作品の中から
太宰治の『走れメロス』を
読んでみることに。

ん~、わからない。
良いのかどうか、
わかりません。

体験者の約80%が
読みやすいと感じた
ということになっていますが、
これは、
「ニュース文、美術作品紹介文、壁面情報ディスプレイ文に読書アシストを適用した場合」
ということのようです。

レイアウトイメージとして
ニュース文があるのを見ると、
たしかに
ニュースは読みやすいかも。

走れメロスは、
フォントサイズを
少し小さくしてみたら
読みやすいのかもしれません。


こういう新しい技術が
いろいろと出てきている
印象があります。

スマホの普及が
影響しているのかな。

よりスペースが必要となる
感じですから、
紙媒体では
コストが割高になるので
難しいのかも。

ネットなどの
デジタル媒体なら
こういう文字レイアウトは
広がっていくことに
なるのでしょうか。

当ブログも
文章の体裁を
たまに
変えたりして
試行錯誤を
しております。


もう何年も前から
読書離れが
叫ばれているような。

本を読まなくなった人が
増えたことが原因なのか、
町の本屋さんが
どんどん閉店しているとか。

ネット通販の影響も
あるのでしょうけど。

家の近所にあった
小さな本屋さんって
けっこう楽しかった
記憶があります。

本の種類は多くなく、
通路も狭くて
すれ違うのがやっとでしたが、
静寂の中に
本の匂いだけが漂っている。

いい感じでした。

最近の
大型書店の雰囲気も
けっこう好きです。

本がたくさんあるのが
好きなのかも。

気づいてませんでしたが、
図書館や図書室も
好きだったみたい。

と言っても、
読書が好きというわけでは
ないのです。

夏休みの読書感想文で
無理やり読書させられるから
読書を敬遠する人が
増えたんだー!
などという話題が
最近もありました。

それも一理あるとは
思います。

最初に言った
読書らしい読書というと
小説を読むのが
それにあたるのかも。

小説と言っても
昔の純文学かな。

それこそ
太宰治だ、
芥川龍之介だ、
夏目漱石だ。
ですよね。

夏休みの宿題で
読まされたような、
そういう本を読むことが
読書
という固定観念を
子ども時代に
刷り込まれてしまったのが
悪かったのかも。

小説のような本を読む読書は
小学生のころにしか
しなかったのかな。

中学や高校になると
学校の勉強で
忙しくなり、
本なんて読んでる時間が
なかったはず。
部活もありましたから。

あっ!
でも思い出しまた。

大学時代に
赤川次郎を
たくさん読みました。
当時出ていた文庫は、
ほとんど読んだかもしれません。
記憶を美化している可能性も
なきにしもあらずですが、
印象としては
そのくらいの勢いで
読んだような。

でも、
赤川次郎作品は
読書らしい読書の部類には
当時の基準なら
入らないのかも。

社会人になってから
小説系は
ほとんど読んでないような。

自分の本棚に
たくさんある本は、
実用的なものばかり。

英語学習の本、
健康や自己啓発など
そんな本ばかりに
なりました。

あらためて見てみると、
英語関連の本が多すぎ。
それで英会話ができるように
なったのかと問われたら、
うつむくしかないのが
かなり残念。

しかし
それらの本も
もうかなり以前に買ったもの
ばかりなのでは。

あのころは
Amazonで本を買ってばかりいて
リボ払いにしていた残額が
ぜんぜん減らなかった記憶があります。
リボ払いはやめましょう。

本を買わなくなり、
読書もしていませんが、
文字は昔より
たくさん読んでいる気がします。

ネットですよね。

ネットニュース、
ネット記事、
メールやTwitterなどなど、
昔よりも文字は読んでいるのでは
ないでしょうか。

仕事で読むこと以外に
それらの文字を読んでいるのですから
きっと昔より
文字自体は読んでいるはず。

読書時間は減っていても
文字を読む時間は
格段に増えているのかも。

そうそう。
ここ数年、十数年は、
育毛や薄毛関連の記事を
たくさん読むように
なってもいます。


大日本印刷の
「読書アシスト」は
読むときの負担が減り、
読むスピードも上がるとのこと。

デジタル文書は
こういうスタイルになるのかどうか。

読みやすくなるのは
ありがたいこと。

育毛や薄毛の記事も
これで読むのが
はかどるかも?

この記事へのコメント