AGA服薬341日後 誰と出会うかで人生はこんなに変わる

family_danran_big.png

きょうの記事は、以前にも紹介した記事かもしれません。同じ女性の記事だとしたら、そのときはこんな写真はなかったと思うんですよね。これだけ衝撃的な写真を見ていれば覚えているはずだから。


*****
【感動】死を考えるほど重度な脱毛症に悩まされた女性。救ってくれたのは医師ではない意外なものでした|@Heaaart - アットハート
http://heaaart.com/post/209995

*****


ストレスって本当に怖い。ストレスが原因の病気になる危険性って、だれにでもありますもんね。何がストレスになるかもわからないし…。


このアシュレイさんは、ボーイフレンドとの喧嘩によるストレスが原因でここまで重度の脱毛症になってしまいました。でも、別れることを決意したあと温かい男性と出会い、家族や友人の支えもあって髪の毛の復活につながったようです。


「誰と出会うかで人生が大きく変わる」
最近のニュースを見るたびにこう思います。


別れ話のもつれで殺される事件があちこちでありますよね。その人と出会わなければ、交際をしていなければ、生命を奪われることなんてなかったはずです。つきあった人がDVをする人だったり、ストーカーになったりする場合もあります。


交際する人に限らず、学校でどんな先生が担任になるか、どんなクラスメートがいるかということでも人生は大きく変わるように思います。会社の上司や同僚も同じですよね。


ここまでは、まだ他人の話。どんな家族のもとに生まれるかということでも人生は大きく違うこともあります。虐待されて殺された子供のニュースを見るたびにそう思うんです。そこまでひどいケースでなくても、親が飲んだくれだったり、暴力をふるったり、モラハラとか毒母とか、いろいろあります。貧乏だったり、反対にお金持ちだったりすることも問題になったりすることもあるのかもしれません。


ところが、そういう不幸な出会いがあったから今は幸せになっている、ということもあったりするんですよね。このアシュレイさんの場合も、喧嘩ばかりするボーイフレンドとの交際や、そのストレスによる重度の脱毛症を経験したからこそ優しい男性と結ばれたのかもしれません。そして、その男性と結ばれていなければ、かわいいお嬢さんはこの世に存在しないのですから人生は不思議です。このお嬢さんが生まれることが運命なのだとしたら、アシュレイさんが喧嘩ばかりの男性と交際し脱毛症になることも運命だったわけですからね。


私がハゲてなければ若ハゲ番長さんのブログに出会うことはなく、ミノキシジルタブレットやフィンペシアというAGA治療薬に手を出してもいないわけです。となれば、こうしてこのブログも書いていないのですから、そこでこうしてこのブログを読んでいただいているあなたとの出会いもなかったわけですもんね。


ハゲたり薄毛になったりしたことで出会える人や出会えることがある。ハゲたり薄毛になっていなければ出会えなかったわけです。まあ逆に、ハゲてなければ別の人や別のことと出会っていたのかもしれません。それもまた運命なのでしょう。


きのう最終回を迎えたNHK大河ドラマ「真田丸」では、こんなセリフが何度も繰り返されました。


『望みを捨てぬ者だけに道が開ける』


どんな運命だとしても、希望がありさえすれば生きていけるはず。私の髪もまだ希望があると信じています。望みを捨てずに行こうと思っています。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック