AGA服薬1502日・卒薬24日目 赤ショウガに育毛成分が約2倍含まれていることが判明

vegetable_syouga.png


生姜は、お好きでしょうか?

生姜って読めるけど、書けないかも。
書いたことはないな。


生姜は大好きです。
回転寿司の生姜も好きだし、牛丼屋の紅生姜も食べすぎてしまいます。どちらも甘酢漬けなのかな。


カツオのたたきやイカ刺しには、おろしショウガが必須です。薬味もそうだし、隠し味だとしても気づくことが多いかも。


生姜が主役の料理が思い浮かびませんが、輪切りで入っていたりすると噛むのが楽しみだったりします。


ジンジャーエールは、生姜が主役でしょうか。ジンジャーエールも好きです。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
育毛成分が約2倍含まれている赤ショウガに注目!「ジンゲルシックスR」を独自成分として採用!
株式会社ソーシャルテックのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055514.html
*****

赤ショウガというのは、たぶん初耳じゃないかな。高知県四万十市の特産なのだそう。四万十川は、ブラタモリで観ました。沈下橋とウナギくらいしか知らなったかな。


その赤ショウガに育毛成分が、黄色ショウガの約2倍含まれていることがわかったんだって。


ショウガの成分が配合されている育毛剤って、すでにあったはず。私も使ったことがあったような。ジンゲロールという名前は覚えています。


このプレスリリースを出しているのは「ソーシャルテック」。聞き覚えがあるけど、どの育毛剤のメーカーだっけ?


検索すると、「チャップアップ」でした。チャップアップは、以前からジンゲロールを使っていたんだったかな。


チャップアップのサイトを見ると、もうすでに高知県四万十産の赤ショウガを使っているようです。プレスリリースを出すときは、もうすでに製品に反映されていることがほとんどかも。チャップアップは、今も売れてるのかな?


育毛剤よりも、私は赤ショウガを食べてみたい気持ちのほうが大きくなっています。


*****
四万十赤しょうが | 野菜・果物いろいろ大図鑑
らでぃっしゅぼーや
https://www.radishbo-ya.co.jp/rb/daizukan/search/details/338
*****

このページでは、こんな特徴が紹介されています。

*****
日本最後の清流、四万十川。この碧く澄んだ水が赤しょうがを育みます。
栽培する水によって品質が左右されるしょうが。人里離れたこの山奥で栽培するからこそ、上質なしょうがを作れる環境が揃っています。
最適な環境を生かした栽培。そして貯蔵。しょうがの貯蔵は14~15度が良いとされています。
撒きストーブで温度を上げすぎず、下げすぎず、薪を一つ一つ焚いて調整する手間を惜しまず、四万十赤しょうがは生まれています。
容姿は鮮やかな赤。別名、金時。 味は通常のしょうがの10倍辛いと言われる鮮烈なもの。この尖った味は最適なレシピを選べば至極のしょうがに変わります。
*****

手間がかかっているみたいだから、値段も高いのでしょう。10倍辛いというのは、試してみたいものです。近所のスーパーに売ってないんだろうな。

この記事へのコメント