AGA卒薬84日目(服薬1502日)鍼灸院の「無痛乱打療法」30分後に黒い毛が露出

flower_kenzan.png


昔の服は
捨てるほうでしょうか?

何年も前に
着ていた服を
すぐに
捨ててしまいます?

今なら
捨てずに
売ったりする人も
多いのかも
しれません。

私は
捨てずに
とっておくほう。

ダイエットを
繰り返していたこともあり、
太っていたころの服を
残しておいたほうがいいのでは…
と思う部分もありますが、

服を買わない方なので、
捨てるに捨てられない
という感じでもあるかな。

なので、
今だに
高校や大学時代の
服やズボンを
着ることがあったりします。

ファッションは
何十年周期で
昔のデザインなどが
リバイバルする
傾向があります。

大昔に着ていた服が
今年のトレンドだったり
するんですよね。

そう自分に言い聞かせて
古い服を着ているわけです。

ファッションに限らず、
大昔の流行が
よみがえるものは
いろいろあって、

ダイエットなども
そうでしょう。

ゆで卵ダイエット、
リンゴダイエットなどは
何年かごとに
流行ってきた
歴史があります。

そして、
これもまた流行るのか?
と思わされたのが
今日の記事タイトルでした。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
無痛乱打療法で「コロナ薄毛」を一発解消!「30分で毛が生えた」実体験ルポ
Asagei Biz-アサ芸ビズ
https://asagei.biz/excerpt/16318
*****

「無痛乱打療法」
という言葉を見ると、
過去に流行った
あのシーンが浮かぶ人も
多いはず。

テレビコマーシャルから
火がついたのか、
ブラシで頭を
トントン叩く育毛法が
一大ブームになった
記憶がよみがってきました。

いろいろなブラシが登場し、
頭皮から血が出るまで叩く人が
続出していたような。

そう言えば、
昨年か一昨年くらいにも
そんな育毛法が
話題になっているという記事を
ここで紹介した記憶も
よみがえってきたかも。

しかし、
この
ブラシによる育毛方法って
効果がないとか
傷つけることで
逆に薄毛が進行するとか、
完全に否定された記憶が
あります。

実践している人は、
もうほぼほぼ皆無なのでは。

それなのに
また出てきたのは、
さきほども言った
ファッションが繰り返されるような、
いつもの「歴史は繰り返す」的な
話なのだろうなと思いながら
記事を読みました。

「無痛乱打療法」
という発毛施術を行っているのは、
鍼灸院とのこと。

*****
たとえるなら、小さい剣山のごとくビッシリ並んだ特殊な鍼を頭皮に高速で打ち込み、塗布した育毛剤を奥深くに到達させる、といった感じだろうか
*****

とあります。

*****
「育毛剤を振りかけるだけだったら、90%以上が蒸発してしまうんです。だから従来の薄毛治療とは一線を画し、100%近く有効成分を毛根に浸透させることができます。この方法だとどんな人でも生えてくる可能性が高く、すでに韓国では数多くの改善症例が存在します。でも、日本にはこのやり方はないんですよね。日本でできるのは私だけ、日本初です」
*****

先日紹介した記事で、
頭皮に注射するよりも
頭皮に塗布するほうが
育毛効果が高かった研究が
あったことを
思い出します。

*****
「特殊な電子鍼マシンを使って、1分間に1200回の刺激を15~30分ほど頭皮に与えます。ほら、テレビの健康番組やCMなんかで、ブラシでトントンと叩くだけっていうのがあったでしょう。でも、あんなのとはわけが違う。どんなに速く手が動かせる人だとしても、ブラシで叩くなんてせいぜい1分間で200回程度です。人間の手には限界がありますからね」
*****

ふむふむ。
ものすごい速さで
叩くようになったことが
昔との違い
ということですな。

*****
「原理としては、 毛細血管を元気にして血流をよくする、ということで一緒だけど、この特殊マシンは15分なら1万8000回。30分だと3万6000回にもなります。そうして何万回と刺激すれば毛根の中まで薬剤が浸透し、100%近く栄養を与えられます。これで劇的変化する人もいますね。ツルッツルの人でも、根気よくやってみたら違いはわかると思いますよ」
*****

30分も高速で叩かれたら
たしかに浸透するような気もしますが、
頭皮マッサージ的な刺激で
血行が良くなるだけのような気も
しないではありません。


施術では、
頭頂部だけでなく
足の甲にも鍼を打っています。

*****
「この鍼も大事なんです。髪の毛を生やす環境を作るため、基本は鍼で免疫を高めるわけです。免疫力を上げる体のツボに刺激を与えますが、この鍼も体用、頭用と種類を使い分けています。魚釣りと一緒ですよ。海で釣る魚と川で釣る魚、あるいは魚の種類によって釣り針を替えるでしょう。見てください、頭皮が真っ赤になってきた。こうやって反応が出るのは悪い箇所なんです。この鍼で皮下3~4センチまで打っています。2回目以降は、6~7センチくらい打ちます」
*****

何かを説明するときに
例え話が使われることって
よくありますが、
聞いたときには
「なるほど!」と思うものの、
あとで振り返ったときに
「ん?」と思うものが
よくあるものです。

それにしても、
頭皮の7センチも下に
鍼が入ったら
頭蓋骨のすき間を通って
脳みそに刺さりそう。
大丈夫なのかな~?

30分の無痛乱打療法が終了すると、
すぐに黒い毛が出てくるんだって。

*****
「おぉ、見てください。だいぶ変わりましたね。黒いのが出てきました」

「ええっ、もう生えてきたんですか!」

「いや、これは皮下に隠れていた細い毛が、まずは鍼の刺激によって表に出てきたんですよ」
*****

こんなことがあるのかな~?
デジタルマイクロスコープで
自分の頭皮を
30日おきに
1500日以上見てきたけど、
埋没している毛なんてものに
気づいたことがありませぬ。
今度見るときには、
しっかり注意してみることにしよう。

*****
 実はこの鍼灸院では何年も前から、デモンストレーション的に実証を重ねるべく、実際の悩める患者を使って効果を確認してきた。その「ビフォー→アフター」を記録した写真を見せてもらうと、多くの人が開始からわずか2カ月余りで、はっきりとした「改善」を見せていた。そのスピード感をもってすれば、

「じゃばらレベルの薄毛であれば、50歳だったら週1回の通院で5カ月。週2回なら2カ月半。40歳なら週1回4カ月で終了できると思います」(大明氏)
*****

「ビフォー→アフター」を記録した写真が
あるなら見たいと思ったので、
ホームページを探してみました。

*****
チャングム美容鍼灸院 チャングム整骨院
https://harione.com/index.html
*****

ここで間違いないと
思うのですが、
「無痛乱打療法」は
出ていません。
薄毛治療や育毛改善などの紹介が
一つもない。

上の引用部で、
「何年も前から、デモンストレーション的に実証を重ねるべく、実際の悩める患者を使って効果を確認してきた」と、
あります。
まだ正式な治療メニューには
なっていないという感じ
なのかもしれません。
裏メニュー的なものなのか?
どうなのでしょう。

「無痛乱打療法」で
薄毛が改善される人が
増えてきたら、
また記事として
登場してくるはず。

効果が実証されれば、
正式な治療メニューとして
ホームページにも
掲載される日が来るのでしょう。

西城秀樹さんも
ここの鍼灸治療で
後遺症が改善したと
書かれています。

ゴッドハンドが
薄毛も解消してくれるのか。
今後の続報が
楽しみです。

この記事へのコメント