AGA服薬1209日 頭皮の色でわかる頭皮の健康状態と色別の対策

hair_check_shinpai_man.png


薄毛になり始めの20代後半~30代直前のことを、一昨日の記事で少し書きました。そこで思い出したのが、薄くなってきたころの頭頂部の白さ。ものすごく真っ白だった記憶があるんですよね。キレイな真っ白でした。


実際はどうだったのか、わかりません。ショックが強すぎて、白く見えただけだったのかも。頭皮だけでなく、頭の中も真っ白になったのかもしれません。周りに髪の毛はまだたくさんあったでしょうから、その対比で真っ白く見えただけだったのかも。真実はわかりませんが、合わせ鏡をして確認したときの、あの映像は今でもハッキリ覚えています。


フィンペシアとミノキシジルタブレットを飲み、このブログを始めてどのくらい経った頃だったか、デジタルマイクロスコープを購入しました。安物のおもちゃのような製品でも、けっこう良く見えて楽しい。30日ごとの写真撮影に使っています。


髪の毛の発毛具合や脱毛具合、成長具合を見るために買ったんですが、頭皮の色や状態を見ることもできるんですよね。頭皮は、意外と違う色であるものだということも知りました。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
頭皮の色でわかる頭皮の健康状態
知らなきゃ損!?正しいヘアケア講座
https://www.atama-bijin.jp/hair_care/scalp/redness/condition_color/
*****

私の頭皮は、赤っぽいことが多いような気がします。痒くて掻くことがあるせいかもしれませんが、シャンプーや紫外線が原因のことが多いとあります。湯シャンだし、外出時は帽子をかぶっているから、私にはその原因は当てはまらないのかな。ということは、血行不良(血流悪化)や頭皮の炎症ということなのか。不規則な生活やストレス、睡眠の問題なども考えられるみたい。このところストレスがかかりっぱなしだし、それが睡眠に影響しているのは確かなんですよね。心配事があると寝付けなかったり早く目が覚めたりで、睡眠の時間も質も悪くなります。ストレスかかりっぱなしで、いつもドキドキしてる感じだし…。


ストレス解消法を見つけたほうが、いいのかも。
あまり気にしたことがなかったからな~。
タフにならねば。

この記事へのコメント