AGA服薬1456日 頭皮を冷やして脱毛を抑制する装置が国内初承認

kaze_woman.png


どんど焼きには、行きましたでしょうか?

地方ごとに呼び方は違うのだと思いますが、こちらでは「どんど焼き」。お正月飾りを燃やしてきました。


調べてみると、東北では「どんと焼き」、関西では「とんど焼き」と呼ばれているとか。どんど、どんと、とんど。パッと見、一緒ですね。


どんど焼きに行けば良いことがあるというわけではないのかもしれませんが、気持ち的にはスッキリする感じです。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
頭皮冷やし脱毛抑制 抗がん剤副作用に対策 装置を国内初承認
東京新聞:暮らし(TOKYO Web)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/202001/CK2020010702000159.html
*****

昨日の記事は、頭皮のむくみについてでした。血行や血流の悪さなどが、頭皮のむくみにつながるという内容でしたよね。血行を良くするには、その部分を温めたほうが良いようなイメージがあります。


今日の記事は、頭皮を冷やすことで脱毛を抑制するというもの。

*****
 多くの抗がん剤には脱毛が付きまとう。脱毛は、頭皮の「毛包」という器官にある毛母細胞が抗がん剤に攻撃されて生じる。しかし、頭皮を冷やすと毛細血管が収縮して血流量が減り、毛包に届く抗がん剤が減少する。毛母細胞自体の活性も低下して抗がん剤の影響を受けにくくなる。ここが頭皮冷却法のポイントだ。
*****

頭皮を冷やして血流量を減らすことにより、毛包に届く抗がん剤を減らしたり、毛母細胞の活性を低下させて抗がん剤の影響を受けにくくするのだそう。ということは、抗がん剤を使用していない人が頭皮を冷やせば抜け毛が減るというわけではないのでしょうね。


*****
 手術から一カ月半、Aさんの抗がん剤治療が始まった。冷却装置は英国製。キャップをかぶり、点滴開始三十分前から点滴終了の二時間半後まで冷やし続けた。零下約四度の冷却液で頭皮表面を一九度に保つ。Aさんはかき氷を早食いした時のような頭痛と全身に広がる寒さに耐えた。投与のたびに冷却を繰り返した効果は明らかだった。頭頂部周辺に薄毛の領域があるが、そこさえ隠せば誰も気付かないほど髪は残った。
*****

零下4度というと、北海道の冬だと普通にある気温です。3時間くらい冬の外にいる感じと考えたら、かなり大変ですよね。保険適用ではないから、一回数万円程度になる見込みだとか。なんか良い方法はないのかな~?


この記事へのコメント