AGA服薬1409日 飲むべきか、塗るべきか

suppliment.png


決断力は、あるほうでしょうか?

決断力というと、大げさです。大きな決断ではなく、小さな決断。例えば、レストランでのメニュー選びとか、コンビニでの飲み物選びとか、そういう普段のことでもいいですよ。迷わずすぐに決められる人でしょうか?


よく聞く話に、「選択肢が多すぎると人は決められない」というのがあります。たくさんの中から選べるほうがいいかと思いきや、3つ4つに絞ったほうが売上げがアップしたとかなんとかいう話。レストランのメニューやコンビニの飲み物選びとか、この程度なら失敗しても平気ですよね。でも、失敗が命取りになることだってあるわけで…。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
髪に不安があればこれを読め! 薄毛に悩む中高年の不満に対する専門家の回答が的確で秀逸過ぎる!
アサ芸プラス
https://www.asagei.com/excerpt/137593
*****

この記事はおそらく、『SHEE+サプリメント』の宣伝広告を兼ねているのだと思います。プレスリリースを含めて、同様の記事をいくつか見かけたはず。


まぁ、それはいいんです。


記事を読んで思ったのは、このこと。薄毛改善のためには飲んだほうがいいのか、塗ったほうがいいのか。結局、どっちなんだってことです。薄毛対策をしようと考えたことのある人であれば、究極の命題という感じですよね。たくさんの選択肢があるわけでなく、飲むか塗るかの二択。選択肢がたくさんあると決められないのはわかりますが、二択というのもけっこう決められないものかもしれません。


私の場合、リアップから始まり、たくさんの育毛剤を使ってきました。それでも薄毛の進行を止められなかったんですよね。なので、塗り薬への信頼はゼロでした。今でもゼロに近い状態かな。


飲み薬を試してみたら、きちんと発毛したわけです。フサフサまでには復活していないけれど、本当に発毛しました。この状況だと、飲み薬しか効果がないという考えになると思います。


だからと言って、サプリメントでも良いのかどうかまではわかりません。飲むという行為は一緒でも、飲む物は違います。サプリでもオッケーなのか、医薬品を飲むからいいのか。


それに、サプリメントとはいえ、けっこうな値段がするみたい。私が飲んでいるAGA治療薬より高い計算になるのかな? 副作用の心配とかは医薬品より小さいんだと思うけど、サプリメントだってゼロではないはずです。


飲むべきか、塗るべきか。
この究極の命題について、実は私なりの解答があるんです。
それは、「両方ともやる」です。


飲んで成功したので飲むほうがいいとは思うのですが、飲んでも確実に頭皮や毛髪にまで届いているかどうかわかりません。100%は到達してないでしょう。
それなら、頭皮や毛髪に近い場所からも有効成分を投与すべきだと思うのです。体の内側と外側から攻撃するのが、きっと一番なのじゃないでしょうか。


その外側からの攻撃に何を使うのかって選択は、また迷いますよね。こちらは、たくさんの中から選択しなければいけませんから。
これについては、ミノキシジル5%発毛剤なんかではなく、10%とか15%とか配合の発毛剤を使うのがいいんじゃないかと考えてはいるのですが、使ったことがないので実際のところはわかりません。5%じゃ足りないような…。


そういえば、若ハゲ番長さんはサプリメントも飲んでいたような。ということは、飲むほうについても、医薬品とサプリメントと両方飲んだほうがいいということになるのかも。私は亜鉛サプリメントは飲んでいますけど、若ハゲ番長さんは育毛サプリメントだったはず。そして、飲むのと塗るの、両方をやっていますよね。


ということは、飲めるものは飲めるだけ飲む、塗れるものは塗れるだけ塗る。やれることは全部やれってことかもしれませんな。ふふふ、そうか。そんなふうに考えたことなかったかも。資金が限られるから、全部やるなんて考えないですもんね。理想は「全部盛り」ってことか。言われてみれば、当然だ。

この記事へのコメント