AGA治療39日目 ミノキシジルは効かなくなっていく

トーストを咥えて走る女性社員 [モデル:Lala].jpg
フィンペシアやフィナステリドについて、昨日のブログで記事にしました。

ハゲ太さんの「ハゲても笑って生きようと思う。http://www.worldfizz.com/)」というブログの2月11日の記事【体験談】口コミの評判がいいTOMクリニックの無料カウンセリングに行ってみたhttp://www.worldfizz.com/tomclinic-muryou/)の中で参考になった部分について書いたわけです。

「フィナステリドは蓄積されて、3ヶ月ぐらいでマックスになる」というようなことでした。


その同じ記事の中には、ミノキシジルに関しても、とても参考になることが書かれていたんです。

それは、「ミノキシジルを飲み続けると効かなくなる」という説について。
薬は飲み続けていると「耐性」ができて、飲み初めのころに比べると、効果が薄くなってくるということがあると聞いたことがあります。
ミノキシジルにも、そういう説があるのですね。


このことについて、ハゲ太さんがTOMクリニックの美人女医先生に質問したときの回答が書かれています。
(詳細や正確な内容は、ハゲ太さんの記事を読んでくださいね)


ミノキシジルは、フィナステリドと違って、体内に蓄積されるものではないのだそうです。おしっことして流されるみたい。だから、いつまでも飲み続けるものではないとか。
(フィナステリドのほうは一生飲み続けるものってことなのかな?)


で、ミノキシジルは、飲み始めの頃であれば、体のほうも十分に体内に取り入れるんだって。
でも、体が慣れてくると、体内に取り入れる割合が減って、おしっこのほうに行ってしまうようになる…ということのようです。


ミノキシジルを2年くらい飲み続けると、このような耐性ができてしまうので、そこで一旦ミノキシジルをやめる、というようなことをするといいそう。しばらくして、またミノキシジルを服用するようにすれば、また体内に取り込まれるようになるということみたいです。
どのくらいの期間やめていればいいのかというようなことは書かれていませんでした。


そういえば、ミノキシジルって、少しずつ服用量を増やしていくんでしたよね?
これも、ミノキシジルに対する耐性ができるからなんでしょうね。


私は今、10mgのミノキシジルタブレットを半分に切って飲んでいます。
そのうちに、量を増やしていかなければいけないわけですね。

いつごろ増やせばいいのか?
どのくらい増やせばいいのか?
どのくらいまで増やすことができるのか?

このあたりのことは、また追々、調べていくことにしよう。


2年がひとつの目安なのだとしたら、1年間くらいは0.5mg、2年目から10mgという感じがいいのかな。
2年経ったら一旦やめる。
どのくらい休めばいいのかわからないけど、しばらくしたらまた0.5mgから再開。

こんなやり方なのかな。

このあたりのことも、追い追い(追々なのか、追い追いなのか)調べていくか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック