AGA治療49日目 今年の2月はハゲにとって朗報ばかり

今年の2月はハゲにとって朗報ばかり
この2月は、私たちハゲ仲間にとって、うれしいニュースばかり飛び込んできた月と言えるかもしれません。

まずは、この2つのニュースがありました。

薄毛治療可能に ネット大歓喜の声 (R25) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160225-00000009-rnijugo-sci
このニュースは、2月22日付の日本経済新聞が報じたものだ。横浜国立大学の研究チームは、毛髪を生み出す「毛包」と呼ばれる器官を大量に再生する実験をマウスの細胞で行い、成功。今後は人間の細胞でも実験を行い、脱毛症の再生治療に道が拓ける可能性があるという。

2月初めには、東京医科歯科大学の研究グループが、薄毛・脱毛を防ぐ「17型コラーゲン」のメカニズムを解き明かしたことが報じられ、薄毛や脱毛に悩む人々を喜ばせたばかり。17型コラーゲンは、髪の毛の元になる毛包幹細胞を維持し、新しい毛を作るもので、コラーゲンがなくならないようにすれば、脱毛を防いだり、すでに薄毛の人の髪を再生したりする可能性もあるという。

私はすっかり誤解していたようで、どちらも同じニュースかと思っていたかも。横浜国立大学と東京医科歯科大学というように、研究していた大学も違えば、内容も全然違うものだったんですね。
横浜国立大学の研究成果によって毛包が再生されて、東京医科歯科大学の研究成果によって毛包幹細胞を維持できれば、今すでに薄くなっている私でも髪がフサフサに戻ることが可能になるということなのでしょうか。すでにオデコになって数年経過している生え際なども復活させることができるのでしょうかね~。


さらに、2月19日と22日には、こんなニュースが立て続けに発表されました。

沢井製薬 男性型脱毛症治療薬プロペシアGEの承認取得 3月発売へ
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/53748/Default.aspx
沢井製薬は2月19日、男性型脱毛症(AGA)治療薬プロペシアのジェネリック(GE)であるフィナステリド錠0.2mg「サワイ」、同錠1mg「サワイ」の製造販売承認を18日付で取得したと発表した。3月中に発売予定としている。これまでの企業発表資料ベースでは、ファイザーのプロペシアGE(15年4月発売)に次ぐ2剤目の見込み。

同治療薬は男性型脱毛症の原因のひとつである男性ホルモン「ジヒドテストステロン」を減少させ、毛髪の成長期短縮を抑制することで症状を改善する働きがある。

先発品と同様、薬価基準未収載医薬品。このため、公的医療保険の給付対象にはならず、価格は医療機関が決める。いくつかの医療機関のホームページによると、1mg28錠包装で先発品が6500円~8000円程度のところ、ファイザーGEは6000円~7000円程度となっており、GEは1割前後安い。ボリュームディスカウントにも対応している。なお、沢井は本誌取材に、価格戦略について「お答えできない」としている。

男性型脱毛症治療薬のGE クラシエ薬品も発売へ フィナステリド錠
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/53755/Default.aspx
クラシエ薬品は2月22日、男性型脱毛症(AGA)治療薬プロペシアのジェネリック(GE)であるフィナステリド錠0.2mg「クラシエ」、同錠1mg「クラシエ」を発売すると発表した。発売時期は「できるだけ早く」とし、まだ開示していない。

製造承認は大興製薬(埼玉県川越市)が2月18日付で取得。クラシエ薬品が発売元となる。この成分のGEについてはファイザーが15年4月に最初に発売、16年2月19日には沢井製薬が承認を18日付で取得し、3月中に発売する予定であると発表している。

この薬剤はAGAの原因のひとつである男性ホルモン「ジヒドテストステロン」を減少させ、毛髪の成長期短縮を抑えることで症状を改善するとされている。


時を同じくしての発表だったので、こちらに関しても、同じ会社の話かと勘違いしそうでしたが、沢井製薬とクラシエ薬品という別の会社からプロペシアのジェネリック薬が出るということでした。
それにしても、
フィナステリド錠0.2mg「サワイ」、同錠1mg「サワイ」

フィナステリド錠0.2mg「クラシエ」、同錠1mg「クラシエ」

と、まったく同じような感じ。
これはまだ承認段階だから会社名にしているだけなんでしょうかね。こういう慣習なのかな。
どんな商品名で、価格はどのくらいなのか。とても気になります。フィンペシアより安いようだったら、こちらに乗り換えたほうがいいかもしれませんからね。


そういえば、ハゲ太さんのAGAクリニックレポートで、また「フィンペシアは信用できない」というように話している先生が登場していました。サワイとクラシエは、おそらくフィンペシアよりは高い価格だろうと思います。でも、プロペシアより安い価格で出してくるのでは? フィンペシアの成分や副作用が不安だけど、プロペシアを買うほどの余裕はないという場合の選択肢として、サワイとクラシエが浮上してくるのかな~? 
15年4月に登場したファイザーGE。
1mg28錠包装で先発品が6500円~8000円程度のところ、ファイザーGEは6000円~7000円程度

サワイとクラシエも、ファイザーと同じ値段なのかな。
でも、参入するメーカーが増えれば、競争が起きて価格が下がるかも。

いや、それよりも、AGAクリニックに通う人が増えたほうがいいのかな?
AGAクリニックに通う人が増えれば、保険が適用されるようになるかもしれない。そうすれば、個人輸入代行で購入するよりも安くて安心のAGA治療ができるようになるのかもね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック