AGA治療53日目 生え際(前部・剃り込み部)をマイクロスコープで撮影

生え際剃り込み部.bmp
髪の生え際で、いわゆる「剃り込み」部分の写真をデジタルマイクロスコープで撮影してみました。産毛だけだと比較できなくてよくわからないので、今回は普通の髪の毛も一緒に入れて撮影してみました。

以前、頭頂部の最薄部分や髪がフサフサしている部分をデジタルマイクロスコープで撮影することはしていましたが、生え際部分を拡大して確認することを忘れていました。

最近、朝、顔を洗ったりしているときに、鏡で生え際あたりを見てみると、何となく「ボヤ~」っと黒くススけているように見えるんですよね。もしかしたら、産毛が広く分布し始めたのかと思い、マイクロスコープで確認してみたくなったわけです。


デジタルマイクロスコープで見ると、確かに産毛が生えていることはわかります。こうして産毛が生えているのを見ると、嬉しくて期待は膨らみます。しかし、生え際から少し下げて、おでこの辺りを拡大して見ても、産毛は同じように生えているんですよね。


ということは、産毛なんて、身体のどこにでも生えているのではないか? とも思えてきます。だから、生え際にしても、頭頂部にしても、デジタルマイクロスコープで産毛がたくさん生えているのを確認できたからといって、AGA治療が順調であると判断できないのかもしれませんね。


「産毛は太くならない」という話をどこかで読んだような気もします。髪の毛は産毛が太くなったり、長くなったりするわけではないということなのでしょうか。ということは、将来、髪の毛になるものは、最初から太いものが生えてくるということ? であるならば、産毛がいくらあってもぬか喜びなのかも。


それでもまあ、産毛が増えれば、「ボヤ~」っとくすんだ雰囲気は出せるので、無いよりはあったほうがいいのかもしれませんけどね。

生え際前部真ん中.bmp
ちなみに、こちらは、生え際の真ん中あたりの写真。この産毛たちがどうなるのか?

あ、そういえば、今朝の血圧は130を超えてました。ミノキシジルを飲んでいるのに、どんどん上がっているということは、ミノキシジルを飲まなきゃ、もっと高血圧ということ? だいじょうぶなのか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック