AGA服薬113日目 限られた水でのヘアケア

水のしずく
副作用がおさまったようだったので、AGA治療薬の服用を再開しようかと少し考えましたが、フィンペシアもミノキシジルタブレットも、まだ飲んでいません。亜鉛サプリメントもまだです。今は、育毛剤BUBKAとBUBKAシャンプーだけにしています。ミノタブの副作用と思しき頭痛が発生したのが105日目で、昨日あたり回復した感があり、今日もほとんど良くなった印象。
今夜もまだ様子見にして、明日からフィンペシアと亜鉛サプリメントを飲んでみようかと考えています。
果たしてどうなるか?


さてさて、こんな記事がありましたよ。
水が十分に使用できない緊急時でもできるヘアケア (Suits-woman.jp) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00010000-suitsw-life


水が自由に使えないときのヘアケアについては、以前にも記事を見つけています。
AGA服薬98日目 水がいらない「泡のふくだけシャンプー」がバスクリンから: AGA48☆48才からでも髪は生えるのか?
http://aga48.seesaa.net/article/436729588.html?1462077964

AGA服薬99日目 頭皮ケアを軍手で?水が使えないときに: AGA48☆48才からでも髪は生えるのか?
http://aga48.seesaa.net/article/436767036.html



今回見つけた記事もいいですよ。
(教えてくれた人/小西さやかさん)
コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書は「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」。


経歴を見るとスゴイですね。社団法人まで作ってしまうほどの人。こんな人なら安心かも。


ポイントは、頭皮をしっかりと洗うこと!
なかなかケアができず髪の傷みも気になると思いますが、とにかく大事なのは頭皮のケア! 頭皮に汚れが詰まっているとフケ・かゆみが出てしまうだけにとどまらず、雑菌の繁殖による炎症や脱毛も引き起こしてしまいます。

限られた水だからこそ、頭皮の汚れだけでもきちんと落としましょう。


私は髪が薄く短いので、長髪の感覚がわかりません。髪が汚れていると、どんな感じがするものなのでしょう。髪が汚れているのが気になるとしても、水が足りない状況であれば、せめて頭皮だけでもきれいにするというわけですね。


水を無駄にしない洗い方
まずはタオルを用意し、タオルを水で濡らします。

髪の分け目を作り、先程用意したタオルで分け目から見える地肌を拭いていきます。
少しずつ分け目をずらしていき、万遍なく丁寧に拭いていきましょう。
特に丁寧に拭かないといけないのは、額の生え際や頭頂部です!

べたつきが目立ちやすい前髪は、できれば水を根元につけて水洗いをしましょう。


髪の分け目という概念も私にはありません。こういうときは薄毛やハゲのほうが楽ちんというわけか。でも、額の生え際と頭頂部を特に丁寧に拭かないといけないものなのですね。こういうことをおざなりにしてきたから私はハゲたのか? おざなり? いや、私の場合は「なおざり」のほうが正確か。


少量の水でどうしてもシャンプーをしたい時は…
「拭くだけではなく、やっぱりシャンプーをしたい」という方も多くいらっしゃると思います。
ここでは、より少ない水量でシャンプーする方法をご紹介致します。
始める前に、先程と同様濡れタオルを準備しましょう!

1.まずはシャンプーと少量の水を手のひらに出し、泡立てます。
少ない水で十分に泡立たせるために、いつもより少なめの量をとりましょう。
2.少量の水を指先から垂らします。
3.手のひらの上をスライドさせながら泡立てます。
4.もう一度、少量の水を加えます。
5.今度は手のひらを少し丸めて、スライドさせながら泡立てます。
6.よりキメの細かい泡をつくるために、手をしゃもじのように立たせ、スライドさせながら泡立てます。

この泡を地肌数か所に直接つけ、頭皮をもみほぐしながら洗っていきます。 耳周りから頭頂に向かってもみほぐすと頭皮ケアにもGOOD!


ふむふむ。こういうふうに泡立てるんですね。普段は湯シャンでノープーだからできませんが、今はBUBKAシャンプーを使っているので、この方法で泡立ててみようかな。それに、ここにも書かれていますが、この洗い方は頭皮マッサージにもなりそう。


全体に泡が行き渡ったら、濡れタオルで地肌に残っている泡を拭き取ります。
そして水を流しますが、この時も髪の毛から濡らすのではなく、地肌を中心に流していくように注意して!
こうすることで水の使用量をかなり削減できますよ♪



入院した経験はないのですが、入浴できないときはタオルで体を拭いたりすると思うんです。洗髪はどうしているものなのでしょう。洗面器や洗面台の水で、ちょこっと洗うだけだったりするのかな。病院や介護の分野であれば、水を使わずに髪を洗う方法について、いいノウハウやアイデアがあるのかも。


大昔は、お風呂に入るのは毎日ではなかったのでしょうから、髪もいつもキレイだったわけではないんでしょうね。お香を焚いたり、匂い袋みたいなものを身に着けていたなんて話を聞いたことがあります。


山登りをする人や探検家、冒険家などは、何ヶ月も頭を洗わなかったりするものなんじゃないのかな。水が豊富にないような国や地域に住む人たちは、髪を洗う頻度は少ないものなのかもしれません。毎日、湯船にお湯をたっぷりためて入浴するのは日本人くらいと聞きますが、本当のところはどうなんでしょう。他にはどんな国でされているのかな。


水を自由に使えるのはありがたいこと。
でも、当事者にならないと気づかないことなんでしょうね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック