AGA服薬122日目 急ぎクリニックに行け!

AGAクリニックに相談
AGAクリニックでの診察を経ず、海外のAGA治療薬を個人輸入代行サイトで購入してAGA治療をスタートさせた私。AGA(男性型脱毛症)がどういうものなのかということや、AGA治療薬の副作用などについてもよく知らないままに始めたものですから、次のような記事タイトルを見ると、「ドキッ!」としてしまいます。

薄毛治療薬は危険!全身毛だらけ、寿命短縮、勃起不全、乳房肥大の副作用 | ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2016/05/post_14969.html


もちろん、AGA治療薬の通販サイトには副作用についての説明がなされているので購入前にしっかり読みました。購入者のレビューもチェックし、効果だけでなく、副作用に関する記述の確認もしたつもりです。ですから、この記事に書かれている副作用については知ってはいます。ただし、「寿命短縮」というリスクに関しては、まったく意識していませんでした。死亡例があるというのはどこかで読みましたが、寿命が短くなる危険性は考えたことはなかったです。


 ただし、ミノタブの場合、かゆみの心配こそないが、錠剤タイプのため血管拡張作用がより顕著に表れ、思いもよらぬ副作用に襲われるケースがある。実際にミノタブを服用していたAさん(42歳)は、こう語る。

「最初は、飲み始めてすぐに驚くほど毛が生えてきて、気分はホクホクでした。しかし、しばらくすると、頭部だけでなく、額や指など、これまで生えていなかった部分にも太い毛が生えてきたんです。そのうち、全身が毛でボーボーになって獣人のようになってしまったので、結局、レーザー脱毛に通うはめになりました」

 経口タイプのミノキシジルの場合は、心臓や肝臓、腎臓の負担が大きく、寿命を縮めてしまう恐れもあるという。現在、これらの薬はインターネットの個人輸入代行サイトなどで簡単に手に入れることができるが、使用するにあたっては細心の注意が必要だ。


私も肩まわりや手の指の産毛が濃くなってきています。でも、ここまで太い毛にはまだなってません。もともと胸毛やスネ毛が濃いので、濃くなっているとしても気づいてないだけということもあるでしょう。顔やオデコ、腕や手など人の目につくような部分が毛むくじゃらになったとしたら、やはり気にしないわけにはいかなくなります。


プロペシア、アボダートで勃起不全や乳房肥大の副作用も | ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2016/05/post_14969_2.html


 プロペシアの成分である「フィナステリド」は、前立腺肥大症に対して使用されるが、ミノキシジルとともに男性の脱毛予防に高い効果があるとされている。近年、中高年のAGAの原因には、悪玉男性ホルモンが大きく関わっていることが判明しているが、フィナステリドには、その生産を防ぐ作用があるのだ。医療ジャーナリストが解説する。

「AGAの一番大きな原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』という男性ホルモンです。精巣でつくられて分泌される『テストステロン』は、男性にとって欠かせない男性ホルモンですが、このテストステロンが前頭部や頭頂部に多い『5アルファリダクターゼ』という酵素と結びついてつくられるのがDHTです。この物質が、毛髪の皮脂腺の受容体と結合して皮脂を過剰に分泌させることで、毛が抜けるサイクルを早め、結果として薄毛になるのです」

 フィナステリドは、この5アルファリダクターゼの働きを抑制するため、AGA治療に効果的なのだ。とはいえ、プロペシアは現在こそ主流となっているが、「性欲減退」「勃起不全」などの副作用があり、なかには効果が表れない人も少なくないという。


私の父が前立腺がんをやっていて、父の兄弟2人も同じように前立腺がんをやっていることから、フィナステリド錠には、ハゲや育毛だけでなく、前立腺がんや前立腺肥大症の予防に対しても私は期待しているところがあります。
この記事にあるように、AGA治療薬の服用を始めてすぐに、性欲減退と勃起不全については私も感じました。まあ、性欲減退といっても少し減退しただけでしたし、勃起不全についても何となく違和感があっただけでした。1ヶ月が過ぎたころには元に戻りましたからね。
ただ、105日目から10日間ほど休薬したときは、もっとギンギンになりました。AGA服薬を始める前の本来の状態はこうだったのだということを思い出すきっかけになりました。


 そういった、プロペシアが効かない人たちに効果があるとされるのが「アボダート」だ。

「薄毛の原因となる5アルファリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドは1型にしか作用しません。しかし、アボダートの成分である『デュタステリド』は1型と2型の両方を抑制するため、プロペシアが効かなかった人でも効果が表れるケースが多いのです。その効き目は、フィナステリドの1.5倍ともいわれます」(医療ジャーナリスト)

 しかし、効果が高いということは、当然ながら副作用もある。アボダートには、プロペシアに見られる「性欲減退」「勃起不全」だけでなく、ほかにも驚きの副作用が表れるという。やはり薄毛に悩む、40代のBさんが証言する。

「アボダートを2カ月間服用したところ、まるでニューハーフのように乳房が大きくなってしまったのです。性欲もかなり減退し、その後しばらく、まったく勃起しませんでした」

 アボダートは、日本では前立腺肥大症の薬として処方されているのみで、AGA治療薬としては未認可だ。そのため、自己責任による個人輸入代行で入手するしかないが、Bさんのように、とんでもない副作用に悩まされるリスクもある。


「アボダート」については、AGA治療薬を購入する段階では聞いたことのない薬でした。その後に知ることになりましたが、フィナステリドの1.5倍の効果があるというのは魅力ですよね。乳房が大きくなる副作用は怖いものの、乳房を持つことができるのは、それはそれで悪くないかも…なんて思ったりもします。性倒錯してしまうでしょうか。自分の乳房に興奮はしないんでしょうけどね。女性が感じるのと同じ感覚を味わってみたい気持ちがあったりしますが、見た目が女性のおっぱいだとしても同じように感じたりはしないのでしょうかね。


リアップなどのAGA治療薬、使用前の注意点 | ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2016/05/post_14969_3.html


 リアップ、プロペシア、アボダートの3つは、「AGAに効果的」とされるが、薬を服用し続けることで寿命が縮まることになれば、それこそ本末転倒である。そこで、個人輸入のリスクを軽減するために、医療機関で血液検査を行う人も多いという。

 薬の服用前に血液検査を行い、1カ月ほどたったところで、数値によって効き具合を判断するのだ。それによって薬との相性がわかり、無駄な出費を抑えることもできる。

 育毛剤やAGA治療薬の選択は、薄毛に悩む男性にとって最大の課題だ。しかし、効果や謳い文句に釣られて薬を試す前に、まずは専門医に相談したほうが間違いないだろう。
(文=西山大樹/清談社)


AGAクリニックに行き、きちんと医師の診断や血液検査を受けたほうがいいことはわかっているんですけどね。そのほうが安心。AGA治療薬の処方もしてもらったほうが副作用のリスクも少ないでしょう。何か問題が起きたときも専門医に相談できるのは安心ですもんね。105日目に頭痛と冷や汗、めまいの一歩手前のような症状が出たときも、相談できる先生がいれば、どれだけ助かったか…。できるだけ費用を安くすることを優先すると、AGAクリニックには行かずに個人輸入代行サイトを利用することになってしまいます。


AGAクリニックなんて、いわゆる「ぼったくり」なんだろう。こんなふうに思い込んでいた気持ちが強かったことも影響していたのかもしれません。効果のない育毛剤にお金を使っては無駄に終わることを繰り返していたこともあり、AGAクリニックも「儲け主義」なんだと思ってました。『AGAはクリニックに行けば治る』ということを知ってさえいれば、クリニックに行っていたかもしれませんし、もっと若いうちから取り組めていたこともあったかもしれません。
ただ、今だから価格が下がっているということもあるのかもしれませんね。私の若いころだと、AGAクリニックは登場したばかりだったわけですから、価格は今よりずっと高かったのでしょう。治療方法もまだ未熟で、効果も低かったかもしれません。そうだったとしたら、利用する側としては「ぼったくり」と感じたとしても仕方ない部分もあり、そういう声が大きかったことも想像できます。


市販されてる育毛剤の中に、本当に効果のある育毛剤があるかどうかはわかりません。でも、本当に効果のある育毛剤に当たるまでにお金をたくさん使うくらいなら、できるだけ若いうちにAGAクリニックに行ったほうが、結局は安上がりなんでしょう。効果が出る確率もクリニックのほうがずっと高いはず。本当に効く市販の育毛剤を見つける確率はかなり低いですもんね。いい育毛剤が見つかる保証もないわけで。


若いうちや早いうちにAGA治療を始めた人は、3ヶ月位でフサフサに回復しているようなので、3ヶ月であれば、費用面でも時間という点でも負担は小さいはず。それに、若い人のほうが体力があるでしょう。何か体調不良が出たときに私のような年齢だと、加齢によるものなのか、AGA治療薬によるものなのかという切り分けが容易ではないところもあります。このブログを若い人が読んでいるかどうかわかりませんが、若い人はできるだけ早くクリニックの無料相談を受けたほうがいいのでしょうね。人生には無駄な遠回りも必要だと思いますが、育毛に関しては無駄な遠回りをしないほうがいいと思います。過ぎた時間は取り戻せません。しかし、抜けた髪は取り戻せるかもしれません。若ければ若いほど、早ければ早いほど。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック