AGA服薬127日目 フケの原因に新事実が判明か?

フケの原因は?
頭のフケで悩んだことはないので、あまり意識していなかったのですが、AGA治療薬の服用を始める前は、頭をかくと細かいフケが出たような気もします。最近は、AGA治療薬に加え、育毛剤と育毛シャンプーも使用しているからなのか、気づけばフケは出ていないように思います。しかし、頭皮を傷つけないように気をつけていたり、産毛が抜けないように気をつけていたりしているので、フケを落とす機会自体がないというだけかもしれません。
私が子供の頃、父の頭には大きなフケがたくさんあったことを思い出しました。あまり頭を洗わない人だったかもしれません。最近は毎日洗髪しているようなので、フケがついていることはないですけどね。


フケは、ハゲや薄毛の原因になったりするものなのでしょうか?


「ハゲ フケ」という言葉で検索してみると、上位に表示されたのは、こんな感じでした。

・フケが多いとハゲ・薄毛になるというのは本当?
・知らなきゃダメ!乾燥ふけの原因と対策。ケアしないとハゲが心配
・“危険!そのフケが禿げるもと!?”
・ハゲにすると頭のフケは出ない?
・フケ症でハゲる?

タイトルを見ただけでは、ハゲとフケの関係が分かるものはありません。単純に考えると、フケの多い人は頭皮の状態が悪いのだとしたら、ハゲや薄毛の原因になることもありそうではあります。育毛や発毛への影響なども気になるところなのですが。
でもその前に、フケの「そもそも」を知るべきなのかもしれません。

・フケが出るのは、頭皮がどういう状態だからなのか?
・フケの原因って何なのか? 

ふけの原因は「細菌2種の不均衡」、研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3086960



【5月13日 AFP】頭のふけの原因は真菌だと思っている人が多いが、実際は頭皮に常在する2種の競合する細菌間のバランスが崩れることで発生するとの研究結果が12日、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された。

フケの原因は真菌というのが常識なのか?


 プロピオン酸菌とブドウ球菌は健康な髪の陰と陽のようなものだ。この2種の細菌が互いに抑制し合っている場合にはふけの発生も食い止められるが、中国と日本の研究者らのチームが発表した論文によれば、一方の細菌が他方より優勢になると、まるで雪片のように肩に積もるあの白い薄片が増え始めるのだという。

プロピオン酸菌というのは初耳。ブドウ球菌は聞いたことがあります。黄色ブドウ球菌だと食中毒だったでしょうか。
中国と日本の研究者らのチームなのね。


 地球上で最も一般的な頭皮の病気であるふけ症は、世界人口の約半数にとって髪にまつわる悩みの種となっている。

フケは病気なのね。
世界の約半数がフケに悩んでいるの?


 ふけ症の原因と治療法をめぐっては、専門家らの間で長年、意見が全く分かれていたが、最近になって特に一つの元凶を中心として、見解の一致がみられるようになっていた。研究チームは発表した論文の中で「これまで頭皮上の微生物、特に菌類をふけ発生の主な要因とする見方が優勢だった」と指摘した。

見解の一致がみられるようになっていたわけか。
ところが……ということね。


 この見方は誤りではないかと考えた中国・上海交通大学(Shanghai Jiao Tong University)のチャン・メンフイ(Zhang Menghui)氏が主導する研究チームは、人の頭皮の生態系に存在する多数の変数がどのように相互作用しているかを調べるためこれらの変数を個別に特定し、18歳から60歳までの中国人ボランティア被験者59人を対象として、水分、数十種の細菌、青年期と成人早期に増加する油性分泌物の皮脂、ふけの元凶とされていた真菌のマラセチアなどのレベルを測定した。

人種によって違いがあったりするのかもしれないね。


 被験者には検査の48時間前に洗髪させ、頭皮の8か所からふけのサンプルを採取した。検査の結果、研究チームは「全体的に、ふけの重症度においては菌類は重要な役割を示していなかった」と結論付けた。「細菌類とふけの間の関連性の方がはるかに強かった」

菌類は重要な役割を示していなかった
細菌類との関係性のほうがはるかに強かった
へぇ~、そうなんだ。


 また研究チームは、通常は互いに抑制し合っている2種の主要な細菌の存在比率が変化した場合にふけの発生率が高くなることを発見し、「頭皮上の細菌のバランスを調整することがふけを減らす解決策になるかもしれないことを、今回の研究は示唆している」と結論付けている。(c)AFP

細菌のバランスが重要なのね。
除菌がブームになっているけど、常在菌まで取り除くのはよくないと聞きます。洗髪もやり過ぎると頭皮に必要な皮脂まで流してしまうからよくないなんて言われてます。
育毛でも、ダイエットでも、バランスが大事という結論になることが多いよね。健康とか、体に関することだけでなく、仕事にしても人生にしても、かたよったり、やり過ぎたりするとダメで、最終的には「バランスが大切」という結論になることが多いような…。


人間に限らず、動物も植物も、山や川、海なんかの自然もそうだけど、絶妙なバランスでできてるよね。絶妙なバランスが保たれているのは実は奇跡的なことで、ちょっとした拍子にバランスが簡単に崩れることがあるのでしょう。2つの菌のバランスが崩れただけでフケが出たり、何かのバランスがとれなくなったことで、大小さまざまな病気になったり…。ハゲや薄毛になるのも、バランスが少し乱れただけなんでしょうね。


よく聞く話だけど、角度がたった1度狂っただけでも、時間が経つと、その幅がとてつもなく広いものになってしまう。早いうちに修正できれば簡単に直すことができるのにね。ハゲや薄毛も、取り返しがつかなくなる前にバランスを取り戻していれば、こんなに広くならなかったのでしょうか。でも、完全な手遅れになる前に取り組めたことは、良かったかもしれません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック