AGA服薬128日目 平和な毎日が一番

平和が一番
105日目に頭痛と冷や汗、めまいの一歩手前という感じの不快感がありました。AGA治療薬の副作用だろうと考えて、しばらく様子をみることにしたわけです。その後、頭痛はしなくなったものの、めまいが起きそうな感覚が続いたため、休薬を続けました。そのままAGA治療薬の服用をやめることも考えたこともあります。
114日目になって、やっと体調が回復したので、その夜にフィンペシアと亜鉛サプリメントの服用を再開。
115日目には、ミノキシジルタブレットも再開して今に至ります。


約10日間の休薬を経て再開したわけですが、副作用を感じさせることがまったくありません。副作用がないのは安心できるからいいのですが、まったく何もないことに少しばかり不安になるのは、贅沢な悩みというのか、まあ、そういうものかなと思っています。


本当の最初にAGA治療薬の服用を初めた今年1月ごろ。この飲み始めの頃は、ゾクゾクするような動悸かと思わせるような感覚があったり、勃起障害などの症状がすぐにありました。頭部の圧力が上がっているような感覚もあったりしたんですよね。肩まわりの産毛が濃くなったりもしました。他にも治療薬の影響かどうかは分からないですが、体のあちこちがかゆくなったり、脇腹に帯状疱疹のような湿疹が出たりもしたのです。
それなのに、休薬から再開した今は、何一つありません。


何も起きないとなると、「薬が効かなくなったんじゃないか」と考えてしまうわけですよ。ミノキシジルタブレットは飲み続けていると耐性ができて効果がなくなると言われています。効果が薄れてきたら一度休薬し、しばらく時間を空けてからまた再開すればよいと言っていたクリニックの医師の話は、以前ここでも引用しました。ミノキシジルに限らず、フィンペシアだってもう効かなくなっているのかも…と考えてもしまうのです。


もちろん、副作用が起きないことは喜ばしいことです。何の問題もないほうがいいに決まってますからね。薬に体が慣れただけで、薬の効果が薄れてきたわけではないかもしれません。髪はどんどん濃くなっているのですから、効果は十分に発揮されていることは分かってはいるのです。ぜいたくな悩みというのか、うれしい悲鳴とでもいうのか、無い物ねだりの子守唄なのか。
欲張りなんでしょうかね。


うん。
何も起きないのが一番だよ。もうあの頭痛や冷や汗は嫌だからね。めまいの一歩手前の感覚も怖かったし。
薬が効いているかどうかなんて分からないわけで、髪が濃くなっているのだから、それでいいじゃないか。
どちらにしても、薬が切れるまで飲むことにはなるのだから。
最高に効いていると信じていればいいんだ。
何もない平和な毎日が一番だよ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック