AGA服薬130日目 膀胱がんの原因はタバコと頭髪用染料?

たばこで膀胱がんに?
小倉智昭さんが膀胱がんだというニュースは、お元気な姿を見ているときに聞いたこともあり、また突然のことでもあったので驚きました。1週間休むということなので、来週には「とくダネ!」に復帰されるのでしょうかね。


AGA治療薬であるフィンペシアを飲んでいると、前立腺がんのことは意識していました。膀胱がんは場所が近いだけに、にわかに気になってきます。


小倉智昭の膀胱がん、喫煙や頭髪用染料で罹患率激増!高年男性の血尿は要注意!尿道から内視鏡 (Business Journal) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00010001-bjournal-soci


小倉さんは血尿が出たんですね。
検査は尿道から内視鏡を入れるのだそうです。
たばこを吸っている50才以上の男性は、血尿に気づいたら病院に行ったほうがいいみたい。
初期のがんであれば内視鏡で8割ほどの人は切除できるようですよ。
膀胱がんを予防するには、禁煙するのが一番のようですね。喫煙者は3倍かかることがデータとして出ているようです。

 フィルター付き、低タール、低ニコチンであっても、がんの発生率は変わりません。2-ナフチルアミンなど、たばこの煙に含まれている発がん物質が、膀胱がんの原因となることがわかっています」(岡田氏)


私はヘビースモーカーでしたが、30才になる前に禁煙に成功しました。非喫煙者になって約20年くらい経っているので、たばこによる膀胱がんのリスクは少ないと思いたいところではあります。


2ページ目
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00010001-bjournal-soci&p=2


『髪染めの作業に10年以上従事している人に膀胱がんが多い』とのデータもあります。1980年頃を境に、有害な頭髪用染料は市場から消えたはずですが、最近の染料についても、安全性の確認がまだ取れていません。染料に限らず、それらの物質を扱う職業の人は、鼻や口から入らないように注意を払う必要があります」(同)


この年齢になって白髪も少し出ることがありますが、私は薄毛・ハゲのほうですから、髪染め染料は使ったことがありません。しかし、数日前にも書きましたように、増毛スプレーを使用しています。もしかしたら、あの増毛スプレーの染料が膀胱がんの原因になることもあるのかもしれません。頭にスプレーするときには、周りに浮遊しているものを吸い込んでいるはずです。
染料を使う工場などで仕事をしている人ほどは吸い込むことはないと思いますが、増毛スプレーを使用するときには気をつけるようにしなくては。


それにしても、膀胱にできるガンの原因が、たばこの煙や頭髪用染料を吸い込むことというのは不思議なことです。吸い込んだ原因物質が膀胱にだけ作用するということなのでしょうか。
あっそうか。原因物質が尿として運ばれて、膀胱にたまっているときに悪さをするということなのかも。

血尿が出るまで気づかなかったということは、痛みなどの自覚症状はなかったということなのでしょうね。
前立腺がんや前立腺肥大症の予防にもなってくれることも願いながらフィンペシアを飲んでいますが、膀胱がんにも効いてくれるといいな。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック