AGA服薬139日目 オバマ大統領は薄毛ではない

war_building_genbaku_dome.png
オバマ大統領が広島平和公園を訪問。予定になかった「広島平和記念資料館」に最初に入りました。安倍総理大臣と岸田外務大臣と3人で、原爆ドームを遠くに見ながら話をしていました。とにかく現職のアメリカ大統領が広島に来てくれたのは良かったと思います。時間があっという間でしたけどね。


薄毛・ハゲ芸人の黄金時代が来ているという記事を数日前に紹介しました。その中で、あばれる君、小峠英二さん、澤部佑さんが「坊主系」とカテゴライズされていましたのです。そうなると、オバマ大統領も「坊主系」に入りますね。


でも、オバマ大統領は坊主系に入るものの、ハゲてるようには見えません。今日の映像を見ても、頭頂部はハゲていませんからね。髪の密度が濃く、地肌が見えていないことも、ハゲに見えない要因なのでしょう。さらに考えながら見ていたんですが、おでこがせまいというのが大きく影響しているのではないでしょうかね。


頭頂部がハゲていても、おでこがせまければ、ハゲているとは思われない可能性がありそう。逆に、髪が長髪だったり、フサフサだったりしても、おでこが広い人は、「この先ハゲそう」という感じに見えてしまいます。


ソフトバンクの孫正義氏の歴史的名言。

「髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである」


就職の面接に臨む就活生に対し、「前髪をあげたほうが明るい印象を与える」と専門家がアドバイスしていました。たしかにそうですよね。


広いおでこのほうが知性が高く見えるという話もあります。一方、スター・トレックのミスター・スポックはバルカン星人ですが、狭いおでこが知性の象徴と言ってたような。

「Live Long And Prosper:長寿と繁栄を」と言いながら、独特のハンドサインをするのがバルカン人の挨拶です。なつかしい~。

そういえば、ミスター・スポックの髪型は、オバマ大統領の髪型に似ているかも。オバマ大統領もおでこはせまい。おでこの狭いほうが知性は高いのかもね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック