AGA服薬1386日 50男の人生に「ときめき」はあるか?

kirakira_man.png


ときめいたことは、ありますか?

「ときめき」というと、やっぱり「恋」になるんでしょうかね。恋にときめいたなんて、いつから無いんだろう…。


11月04日は、「いい推し」の日だったそう。推しがいる人なんかだと、推しにときめいている毎日なんでしょうね。


私のときめきは、なにかな?
あ~、ラグビー・ワールドカップはときめいたかも。
ここ数年という単位に広げると、大谷翔平選手の活躍にときめいています。来年は、二刀流復活にときめける(ときめくことができる)かも。マドン監督の起用法も、どうなるか楽しみだし。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
「人生にときめかない50男」に欠けた心の断捨離
東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/303577
*****

サブタイトルに、『「不幸な50代」「幸せな50代」を分ける境目』とあります。


ふと思い出す、昔の嫌な記憶ってありますよね。私の場合、嫌な記憶は思い出さないようしているけど、恥ずかしかった記憶なんかは最近もよく思い出してしまっています。「バカなことしたな~」「若気の至りだな~」と、苦笑しながら封印してますね。


ときめくようなことがあれば、楽しいですよね。そういうものがないとしても、悩みごとがないだけで生きていきやすいだろうと思います。楽しいことがなくても、辛いことさえなきゃいい。


でも、辛いことのない人生なんてないのでしょう。それなら、ときめくような楽しいことが生きていく支えになるはず。


記事にあるように、「心の荷台」を軽くすることも重要なんでしょう。薄毛の悩みが「心の荷台」に載っているのなら、さっさと下ろしてしまったほうが身軽になれる。


AGA治療で髪の毛が発毛したり、植毛やカツラで髪形がカッコよくなったり、薄毛のままでも素敵に映えるファッションをしてみたりすることも、ときめきの一つになりますよね。薄毛だからこそときめくことができると、無理やりポジティブシンキングしてみました。こじつけでもいいから何でも前向きにとらえてみれば、どんなことにもときめくことができるのかもしれませんね。


「こじつけ」とか「ときめき」とか、由来を調べてみたらおもしろかったです。新しいことを知るというのも、けっこうときめきますな。


この記事へのコメント