AGA服薬392日後 食生活かなり改善したつもりでいたけれど…

seikatsusyukan_highcalorie.png

昨日も書きましたように、生活習慣や睡眠などはかなり改善したつもりでいました。ハゲに気がついた20代の最後のほう、30才になる前あたりは、暴飲暴食だったし、夜勤のある仕事をしたり、日勤に変わっても残業や休日出勤が当たり前の職場だったりとストレスも多かったと思います。タバコもヘビースモーカーでした。そうそう、無理なダイエットを繰り返してはリバウンドしてさらに太るということも繰り返していましたしね。髪にとっては最悪の生活を送っていたわけです。



ここ10年ほどは、それとはまったく逆と言っていいくらいの生活をしているので、フィンペシアミノキシジルタブレットを飲んで発毛・育毛するための体作りや健康作りはできているものと考えていました。これでいいはずだとね。



ところが、いつもコメントをくださっている「taka」さんの記事を読ませていただいたところ、私の食生活が今でもあまり髪には良くないということが判明したのです。



*****
ハゲになりやすい食べ物《まとめ》: お金をかけずにAGA治療
http://www.agatreatment.net/article/445152575.html
*****



ハゲになりやすい食べ物としてあげられているのは、この4つ。

・脂っこいもの
・塩分の多いもの
・糖分の多いもの
・冷たいもの


これ、どれも大好物なんですよね。
フィンペシアミノキシジルタブレットを1年1ヶ月も飲んでいてそれなりに成果は出ているものの、フサフサにまでならない原因はもしかするとこの食生活にあるのかもしれません。



ハゲ始めた20年前くらいまでの食生活に比べれば天と地ほどの差があるくらいの改善がされた食生活なんですが、好きな食べ物というのはなかなかやめられませんからね。
それでも、あの当時よりは食べる量自体は減っているはずです。



まぁね。
年齢的なこともあるし、好きなものを我慢してまでフサフサになりたいかというと微妙なところもあります。
それでもやはり、せっかくAGA治療薬(医薬品)を服用するというリスクをとっているわけですから、食生活に関してはあらためて注意していかなければと気づかさせていただきました。
takaさん、ありがとうございます。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック