AGA服薬1502日 AGA治療費を確定申告で医療費控除するには

zei_kakuteishinkoku.png


宿題は、すぐに終わらせるほうでしょうか?

新型コロナウイルスの影響で、休校になりました。山のような宿題が出された学校もあるとか。


ネットを見ていてもオンライン学習サービスが無料になったりする話などが多いと感じます。今の子どもたちはお休みだからと、遊んでばかりではいられないようです。まぁ、「遊べ、遊べ」という状況ではないということもあるのでしょうけどね。


宿題と言えば、夏休みの宿題なんて、どうしてました?
最終日まで手を付けず、最終日に親に手伝ってもらいながら焦っていた記憶が一度だけあります。
大人になってから聞いた驚いたんですが、夏休みの初日にすべての宿題を終わらせる人もいるんですってね。それを聞いたときは、驚きました。でも、そのほうがきっと楽ちんだっただろうなと思います。


夏休みの宿題をどうしていたかという性格というのか性分というのは、大人になっても変わらないものでしょうか? 大人になれば、改善されてますかね?


新型コロナウイルスの影響で、確定申告の締切が延長になりました。延長になったことを喜んでいる人がいるとも聞きます。この人たちは、夏休みの宿題を最後までやらなかった人たちかもしれませんね。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
サラリーマンも年金受給者も…確定申告で「10万円取り戻す」裏技
日刊大衆
https://taishu.jp/articles/-/72840?page=1
*****

少し前にも、確定申告に関する記事を紹介しました。AGA治療も医療費控除の対象になるという話でしたよね。


今回も同じような話ではあるのですが、前回の記事には書かれていなかったことが説明されていると思うのですよ。

*****
医療費と認められる前提は、治療はOKで予防や健康維持目的のものはダメということ
*****

ふむふむ。治療じゃないとだめなんですな。


*****
「AGAによる薄毛治療も、医師の診断のもと治療を行った場合は控除対象です。同様にED薬も、医師の診断のもと処方されたものであれば、医療費に含まれます」(前同)

 ポイントは“医師の診断”で、自身で購入した育毛剤やED薬は対象外。一方、保険適用外の高額治療は、医療費控除が受けられる。「インプラントなどの高額な歯科治療や目のレーシック手術、禁煙治療も控除対象。補聴器も対象ですが、医師の診断が必要です」(同)
*****

前回の記事に、このあたりのことは書かれていなかったはず。医師の診断のもと治療をしたという場合じゃないと、控除対象にはならないみたいです。


*****
「実は温泉旅行も医療費と認められる場合があります。腰痛や心臓病、胃腸病、糖尿病、高血圧持ちで、治療に温泉が効果的という人は、医師に“温泉療養指示書”を書いてもらえるんです。対象施設を利用すると、往復交通費や宿泊費も控除の対象です」(同)

 さらに、メタボ検診で引っかかった人なら、「医師に“運動療法の処方箋”を書いてもらえば、月1万円近くかかるスポーツジムやフィットネスクラブの費用も医療費控除の対象に。こうした裏ワザは医師からはまず言わないので、“書いてほしい”と自ら伝えましょう」(同)
*****

こんな話は、知りませんでしたよね。
温泉やスポーツジムなんかも、対象にできるみたい。


*****
 一方、花粉症の薬や風邪薬、胃腸薬、腰痛対策の湿布などの購入が多いという人が使いたいのが「セルフメディケーション税制」だ。
*****

*****
 医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できないので、どちらのほうが控除額が大きいか計算するといいだろう。
*****

そうなのか。どっちかしか使えないんだね。


まぁどちらにしても、得する金額がそこそこでなければ「まぁいいか」って、確定申告の面倒くささに負けちゃいますよね。そもそも、10万円を超えてなきゃだめなんだろうし。それでいったい、いくら返ってくるのか…。

どのくらいお得なのかがわからないと、やってみる気にもならないかも。


こういう性格は、やっぱり宿題を残す人かもしれませんな。宿題を初日に終わらせるような子どもだった人は、すぐに調べてすぐに申告し、お得な人生を送っているのかもしれません。


むむむ!
ここまで書いてから紹介記事のタイトルを読み返してみると、『確定申告で「10万円取り戻す」裏技』とあります。

10万円取り戻せるの?

10万円取り戻せるなら、きちんとやったほうがいいですよね。ネットで調べれば、やり方はわかるはず。
医療費に10万円以上かかった人が申告したら、10万円が返ってくるというシステムなのかな? そこがわかってないという、ね。

この記事へのコメント