AGA服薬1180日 AGEMEN STYLE(アゲメンスタイル)は薄毛の悩みを持つ男性の希望となるか

ofuro_taiwan_shampoo.png


ここ数年の育毛業界が、女性の薄毛市場に注力するようになっている感がすることを何度も書いています。男性の薄毛市場が飽和状態なのか、成長が止まり縮小しているのか、理由はわかりません。でも、女性を対象にしたほうが商品が売れそうな予感はしますよね。


一方、美容業界は、男性向け製品の投入をかなり以前からがんばってきた感があります。ヘアケアが最初かな?そこからスキンケアに広がり、男性用コスメの話も聞くようになりました。


その流れもあるのでしょうか、昨年くらいからよく見るようになったニュースに、美容室が始める薄毛男性向けのサービスというものがあるように思います。先日も、こんな記事を書きました。
AGA服薬1125日 美容室に行ってる男性はどのくらい?もう一度アレを味わいたい


このときに書いたように、私にとって美容室は鬼門というか、ハードルがかなり高くなっていて、もう二度と行くことはないと思うのですが、こんなサービスを紹介しておきますね。

*****
薄毛で悩む男性向けコンテンツとして「AGEMEN STYLE」をリリース!|株式会社ジムノペティのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/181743
*****

『AGEMEN STYLE(アゲメンスタイル)』というもの。

*****
語源はハゲ→HAGE のヘイトを無くす!という希望から頭文字Hを取り、AGE→アゲ からAGE MEN アゲメンのワードは生まれました!
*****

アゲアゲってことですな。
実際にサイトを訪問してみたところ、「AGEMEN」という文字を見て、『年齢を重ねた男性』を思い浮かべました。アゲメンではなく、エイジメンと読んでしまったわけです。でも、それはそれで悪くないとも思いました。「かっこよく年を取ろう」という感じもしますからね。


*****
●AGEMEN STYLEが生まれたきっかけ

当企画編集長の遠藤は学生時代から薄毛に悩み、友人にいじられたり、からかわれたり、薄毛に対する厳しい世間の目を浴びてきた経験をしてきました。誰にも相談出来なかった時、1人の美容師から悩み相談、髪型の提案、ヘアケアの方法など教えてもらい

人生が変わった事から同じ悩みを持つ人の力になりたいとこの企画はスタートしました。
*****


このプレスリリースには、こんなことまで掲載されていますよ。

*****
【海外人気有名人の熱いセリフ】

■ジェイソン・ステイサム

「俺は、自分がハゲだって事を神に感謝しているぜ。」

「そもそもこの俺に、頭の毛なんて似合わねえ。」



■ブルース・ウィリス

「髪が減ったからって皮肉を言う奴もたまにいるな。奴らは俺に、男らしさを失ったと思わせたいのさ。だけど俺は立派な男だ。毛が痩せ細ったからって『お前は男じゃない』なんて言う奴の尻は、この俺が蹴っ飛ばしてやる。」



■ヴィン・ディーゼル

「みんな、いずれは禿げるんだ。だから早いうちにスタイリッシュに(禿げ頭を)決めておくほうがいい。そうすれば、後々誰にも“あら捜し”は出来ないだろう。」
*****

世界的に有名な「アゲメン」たちですよね。


美容室ががんばっているけど、理容室はどうなんでしょう。薄毛の人が行くのは理容室のほうが多いんだと思うけど、理容室や床屋さんは当たり前のように薄毛をカバーしてきたのかな。お店にもよるんでしょうけどね。

この記事へのコメント