AGA服薬1002日後 PRPと脂肪幹細胞を比較、メリット・デメリット

sports_baseball_yakyuuhiji.png


田中将大の肘を救った「PRP療法」なら20万円でハゲが治る!

という、『Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ』の記事。
https://smart-flash.jp/lifemoney/51910


ヤンキースのマー君が肘の治療に使った「PRP療法」。エンジェルスの大谷翔平も、3度受けたことになるのかな?大谷の場合は、トミー・ジョン手術をすることになってしまいましたけどね。


そのPRP療法。
薄毛関連の話題にもちょくちょく出てくるのが、おもしろいところ。


今回の記事では、『「PRP療法」なら20万円でハゲが治る』というタイトル。20万円で治るというのであればやってみようかと検討する人は、いるかもしれません。


記事ではこのPRP療法だけではなく、脂肪幹細胞による毛髪の再生医療も登場しています。こちらは、初期費用に60万円かかるとのこと。


「3倍も高いのなら、やっぱりPRPでしょう」と、飛びつくのはちょっと待って。早急かもしれません。


PRPと脂肪幹細胞のメリットとデメリットが紹介されているのですが、比較すると脂肪幹細胞による毛髪再生治療のほうが良いように思えてくるのですが、どうでしょう?


トワイエ、掲載されている写真を見ると、PRP療法で薄毛が改善されている様子がはっきりと分かります。


でもまぁ、個人差があるのでしょうから、やっぱりスヴェンソンが確実なのかな~。と、いつものスヴェンソン推し。

この記事へのコメント